FC2ブログ

考える人:ピアノの時間

考える人 2009年 05月号 [雑誌]考える人 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/04/04)
不明

商品詳細を見る

考える人 2009年 05月号 [雑誌]

  吉田秀和さんの対談があったので購入。
  いつもながら、穏やかにして切れ味がいい。




合唱練習の帰りのバスの中で、吉田秀和&堀江敏幸の対談の記事だけは読み終えた。

「バッハの音楽というのは、上手下手に関係ない。」なんて言ってくれるのはうれしい。
初来日したホロヴィッツの演奏を批評した有名な『ひびの入った骨董品』発言があるけれど、今回、コルトーの演奏を評して「転ばない酔っぱらいかな」と言っているのも面白い。
コルトーの演奏と言われても、音がちっとも思い浮かばないので検索してみると、大好きな、シューマンのピアノソナタ第2番ト短調を見つけた。この曲はアルゲリッチで聴いて以来、私にとって他の演奏はあり得ないのだけれど、吉田さんのことばを読んでからだとコルトーも楽しめる。
コルトーの演奏はこちらです。

大好きなアルゲリッチの演奏はこちら。

他にもたくさん興味深い言い回しがある。
コルトーのことを、「今の水準からいったらシュナーベルと同じくらい下手なピアニストです」と言ってみたり、リヒテルなどのロシア楽派のピアニストを初めて聴いた頃、そのテンポの遅さに驚いた話をして、その後に出てきたアファナーシエフについて「もっと遅く弾く人が出てきた。僕はそれにはもうついていかれない。」と言ってみたり。この「もうついていかれない」という表現のしかたは、とても吉田さんだなと感じれる好きな言い回し。

ほかにも、音楽に対する愛情のこもった鋭い批評がたくさんあって、紹介し続けていたいけれど、中途半端に引用すると吉田さんの真意と違ってくる恐れがあるので、これくらいにしておきます。

対談相手の堀江さんが言っているように、「吉田さんが褒めたレコードはもちろん、ここはよくない、納得できない、と言われた方のレコードもセットで買いたくなってしまうんですね」という気持ちにさせてくれます。

みなさんぜひ、手に取って読んでみてくださいね。