FC2ブログ

薔薇の手入れ

ロンサール満開2

これだけ咲いてくれると、なにも文句はありません。

今までも、ちょこちょこっと植物は育てていましたが、バラはこのピエール・ド・ロンサールだけです。

雑誌でツルバラやイングリッシュローズ、そしてオールドローズを見てから、育ててみたいと思うようになりました。
でも、二の足を踏んでいたのは、バラには付きものといわれる消毒(農薬散布)のことを知ったから。
植物を育てるのに農薬や化学肥料を使ったことはなかったし、それらを使うくらいならバラを育てられなくてもいいやと思っていました。


そんなときに見つけたのがこの本。

バラの園を夢見て―オールドローズとつるバラの庭づくりバラの園を夢見て―オールドローズとつるバラの庭づくり
(2002/08)
井上 茂

商品詳細を見る


うっとりと見とれてしまうバラの写真満載の本なのですが、その中で著者の一人である梶 みゆきさんが無農薬無化学肥料で育てる薔薇についても書いています。まず目に入ったのが、木酢液。
木酢液だけではだめな相手には、『碧露』、『緑豊』という生薬を加えたり、病気には重曹を...とかいろいろあるのですが、ズボラな私はシンプルに木酢液と決めました。

さて、苗を探しにいったのですが、オールドローズって高~い!
初心者は、失敗するかもと思うとおそろしいお値段でした。
そして見つけたのがこのピエール・ド・ロンサール。

オールドローズではないけれど、札についている写真の薔薇はオールドローズっぽくて気に入りました。ゴボウみたいな小さな苗を(それでもけっこうなお値段でした)ついに購入したのが3、4年前。
植え付けるときは有機肥料をすき込んで、どこかで読んだコンパニオンプランツとしてのチャイブを一緒に根元に植えました。

どんどん伸びて、たくさん花を咲かせてくれて、私ってすご~いって思ったけれど、後でこのバラは強健で、初心者向きということを知りました。^^


てんとう虫が益虫ということぐらいは知っていたけれど、他の虫はアブラムシが害虫という意外はよく知りませんでした。でもこの本はとても参考になります。

虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
(2008/04/08)
ひきちガーデンサービス

商品詳細を見る


むやみに害虫を取らなくても、益虫が来てくれるから大丈夫と、ズボラな私にはとても頼もしい本です。


新しく買ったのがこの本。

バラ界のファーブル先生 Dr.真島康雄のバラの診察室 (ベネッセ・ムック BISES BOOKS)バラ界のファーブル先生 Dr.真島康雄のバラの診察室 (ベネッセ・ムック BISES BOOKS)
(2008/04/16)
真島康雄

商品詳細を見る


雑誌『BISES ビズ』に連載しているときから、気になっていたのですが、もちろん無農薬栽培で、虫にも寛容。そしてもう一つ、私のズボラ心を助けてくれる、剪定のいい加減さ(失礼)について書かれていました。
いつも適当に切ったり、全然切らなかったり、すごくいい加減。> 自分
でも、それでもいいみたい ...(まだ熟読してません)

手抜き剪定と関係があるのですが、ロンサール様はツルバラ系でどんどん伸びるのに、未だにアーチもないし、壁に這わせてもないのです! どうしていたかというと、適当に麻ひもであっちこっちから引っ張っているだけ。当然、それでは力が足りないので、強い風が吹くと、ゆっさゆっさと揺れて、見るたびに花の位置が入れ替わっていたり ...それで、痛んだ蕾みも数知れず ...
でもこの本には鉄筋を使った「どこでもフェンス」の作り方が載っていました。
これだったら、こんどこそアーチを作れそう。いよいよ夫の出番です!





本家合唱団の練習

ギボウシのシーズン。
いろんな葉っぱがありますが、私のお気に入りはこれ。

ギボウシ5月09
実は葉っぱの下にビオラが隠れいます。(全く見えない!)
ビオラを植えたとき、ギボウシの成長のことを全然視野に入れていませんでした。(ビオラには悪いことをしてしまった)


さて、指導の先生をお迎えしての全体練習がありました。
今回は始めからここまで練習しました。

注意されどころ満載! でも気持ちよく歌えるところもありました。
Gloria はシャキシャキして、上手く歌えるようになったら気持ちいいとは思うのですが、1:47(Youtube)あたりからの Et in terra pax からがいい感じです。(自分の出来ばえは別として)

3:59から気持ちよ~く歌わせてもらいました。
5:26の入りがとっても好き。(ここから最後までずっといい)
冷静さを失いそうになるので注意が必要です...>自分

よかったら、聴いてみてくださいね。

日本人の知らない日本語

新書コーナーに平積みしてあったこの本。手に取ってしばし立ち読み。面白くって即購入。

日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る


こういう本、コミックエッセイというのですね。
子どもの頃、マンガにどっぷり浸かっていた反動か、大人になってからは避けていたマンガだけど、目にとまってよかった。

日本語学校で教えているなぎこ先生と、そこで学ぶ外国人就学生との授業風景を通して、いろいろな「知らない日本語」が出てきました。あ~、勉強になります。

「開封後は早めにお召し上がりください」が間違いだったなんて . . .  (うちにあるジャムは全部間違いでした!)

それから、いろいろな言葉の由来も書かれていて面白いです。「しゃもじ」の由来が、室町時代のギャル語だったり、「ピカイチ」が、花札から来た言葉だったり、知らないことばかりです。

この表紙の絵をクリックすると、アマゾンのHPに行きますが、そこにアマゾンビデオがあって、中身が少しわかります。

詩人の名をいただいた薔薇

「明日は咲くかも」なんてタイトルをつけたのに、なかなか咲いてくれなかったあの蕾み。しかも天気予報はまさかの雨。まだ咲いてないけどちょっとは成長したあの蕾みの写真をあわてて撮りました。

薔薇の蕾み5/16/09


あれ、他のが先に咲いてる. . .

咲いてた5/16/09


先週、写真を載せるつもりだったのですが、パソコンに取り込めませんでした!(なぜ~?) そうこうしているうちに、ただの雨だけじゃなくて、風も強くなってきました。みんながんばれと思った、この週末でした。


そして、今日は目出たく晴れ。そしてパソコンとカメラも仲直り。

あの蕾みはこうなっていました。

咲いた蕾み5/18/09


他の蕾みも変身していました。いい感じ!

咲いた他の薔薇5/18/09


この薔薇の名はピエール・ド・ロンサール。詩人の名にちなんで付けられたそうです。素敵なことなら、な~んにでも詳しいbonnjour さんの記事を読んで、名前の由来を知りました。
http://bonnjour.exblog.jp/11059321/


こんな、風が強かった後のお楽しみは、今にも折れそうな花を見つけること。やましい気持ちを持たずに、家に飾ることが出来ます。

花瓶の薔薇5/18/09



The Jane Austen Book Club

The Jane Austen Book ClubThe Jane Austen Book Club
(2004/04/26)
Karen Joy Fowler

商品詳細を見る

図書館で借りてきました。
買うとなると考えこむけれど、図書館だと躊躇せずに借りられる。
読み終わらなくったって平気だも~ん。というか、はなからそのつもりです。
パラパラっとしたいだけ。そんな本ばっかりですが。

She was buying frozen edamame . . .

シアトルは特別かと思っていたけど、ここでも枝豆はedamame だぁと見つけて喜ぶ。(シアトルに行ったとき、メニューに edamame があった。shitake, nashi の札も市場にあって驚いたことがある)

それにしても、表紙の絵は重たいな~。

本屋さんで見かけた表紙はこちら。こっちの方が好み。

The Jane Austen Book ClubThe Jane Austen Book Club
(2005/01/27)
Karen Joy Fowler

商品詳細を見る

リモコンはどこ~?

なかなか薔薇が咲かないので、これを観てリラックス。





リモコンを巻き戻したり、間違ってミュートのスイッチを押してみたり。
いつもながら芸が細かいこのこの二人

座って音楽を聴いている方がRichard Hyung-Ki Joo。
リモコンを持ってきてくれた方がAleksey Igudesman。
演奏しているのが鬼才クレーメルと彼が率いるクレメラータ・バルティカというのがすごいし、おかしい。クレーメル自身もプロデュースに参加しているそうだ。

「Igudesman & Joo」のステージは、ちょっと古いですが
こんな感じこんな感じ

すべて本人たちが動画サイトに投稿したもので、他にもたくさんあります。

明日は咲くかも

薔薇の蕾2:5/11/09



全然手入れが行き届いていないうちの薔薇。
だからもうすぐ蕾みがつくかなあという時期になるとアブラムシだらけ。
それで木酢液を撒く。
そして歯ブラシでこすり取る。
朝夕、気が向いたときに木酢液を撒く。
それでもう大丈夫。

今年は薔薇の手入れをはじめようと思ったとき(昨日なんです)にはもう、こんなにふっくらした蕾がついていた。それなのにアブラムシがついていた蕾みは一つだけ! うれし~い。
さすがに葉っぱは病気っぽく、黄色くなっているのもあったのでそれは摘み取って、ついでにあっちこっち風通しをよくした。

年を追うごとに手抜きに拍車がかかる私の手入れ。
それに比例するように強くなっている気がするうちの薔薇。
薔薇は「もう勘弁してよ~、もっとかまって~」って思っているのかもしれないけど。
やっぱり、この強靭さが自慢です。

プリント整理の音楽

手持ちのCD をみて、自分がどんな買い方をしているのか時々わからなくなる。

交響曲を演奏会で聴くのは好きだけど、家で聴くことはほとんどない。だから、その類いのCD はほとんど買わない、買わなかったはずだ。それなのに、なんで?と思うCD を時々見つける。

マーラー : 交響曲第6番イ短調 「悲劇的」
マーラー : 交響曲第6番イ短調 「悲劇的」

(1994/04/22)
シカゴ交響楽団

商品詳細を見る


最初に買ったマーラーの交響曲は「大地の歌」。 歌ものだし、とある勉強会のようなサロンで聴いて欲しくなったのは覚えている。その後マーラーが気になりだして、とりあえず次に1番「巨人」を買ったのも覚えている。しかし、なぜか3枚目が6番「悲劇的」? またマーラーを買うんだったら、歌ものの2、3、4、8番のどれかを買っているはずなのにそれらはなくて6番。よくわからない。ジャケ買いだったかもしれない。

今日はこれを聴きながら、溜まりにたまったプリントの整理をした。思いのほか、ぴったりの音楽だと感じたが、その割にはかどらなかった。マーラーが悪いんじゃなくて、わたしのせいです。

街の音楽祭

今年も出演させていただいた音楽祭。
新聞によると、入場者は開催期間7日間で約92,300人。
プレイベントの来場者も含めると10万人を超えたようです。すごいなあ。

今回は本家合唱団の公演2つ(同じ内容)と、音楽祭特別合唱団の公演1つに参加させていただきました。
本家合唱団のステージは小さい公演ながら、大役を仰せつかりました。練習のときから合唱団のみんなに支えられて、本番は過度に緊張することもなく、どうにか乗り切ることができました。あとで録音テープで聴いた自分の声にはがっかりしたけれど、今の自分の能力を考えるとどうしようもない。

特別合唱団の舞台は、いわゆるおおとり。1500席以上あるコンサートホールはほぼ満席状態でした。今までにも何度かこのホールで歌ったことはあるけれど、こんなに熱気を帯びた拍手を浴びたのははじめて。演奏が始まる前から期待に満ちた熱い拍手をいただきました。終わったときの拍手がまたすごかった。ゴーーー!っとどよめくような、興奮した拍手。その拍手にこちらが感動していました。
自分自身の反省点は多々あるけれど、この舞台で歌えてほんとによかった。演奏を聴いてくださった観客のみなさん、一緒に音楽を奏でてくださった皆さん、そして裏方として支えてくださったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


*追記
記事の中で「. . . 本家合唱団の公演2つ . . .」という部分がありますが、公演をクリックしていった先のyoutube の演奏は、本家合唱団の演奏ではありません。曲のご紹介のためにリンクしました。紛らわしくてごめんなさい。