FC2ブログ

薔薇の手入れ

ロンサール満開2

これだけ咲いてくれると、なにも文句はありません。

今までも、ちょこちょこっと植物は育てていましたが、バラはこのピエール・ド・ロンサールだけです。

雑誌でツルバラやイングリッシュローズ、そしてオールドローズを見てから、育ててみたいと思うようになりました。
でも、二の足を踏んでいたのは、バラには付きものといわれる消毒(農薬散布)のことを知ったから。
植物を育てるのに農薬や化学肥料を使ったことはなかったし、それらを使うくらいならバラを育てられなくてもいいやと思っていました。


そんなときに見つけたのがこの本。

バラの園を夢見て―オールドローズとつるバラの庭づくりバラの園を夢見て―オールドローズとつるバラの庭づくり
(2002/08)
井上 茂

商品詳細を見る


うっとりと見とれてしまうバラの写真満載の本なのですが、その中で著者の一人である梶 みゆきさんが無農薬無化学肥料で育てる薔薇についても書いています。まず目に入ったのが、木酢液。
木酢液だけではだめな相手には、『碧露』、『緑豊』という生薬を加えたり、病気には重曹を...とかいろいろあるのですが、ズボラな私はシンプルに木酢液と決めました。

さて、苗を探しにいったのですが、オールドローズって高~い!
初心者は、失敗するかもと思うとおそろしいお値段でした。
そして見つけたのがこのピエール・ド・ロンサール。

オールドローズではないけれど、札についている写真の薔薇はオールドローズっぽくて気に入りました。ゴボウみたいな小さな苗を(それでもけっこうなお値段でした)ついに購入したのが3、4年前。
植え付けるときは有機肥料をすき込んで、どこかで読んだコンパニオンプランツとしてのチャイブを一緒に根元に植えました。

どんどん伸びて、たくさん花を咲かせてくれて、私ってすご~いって思ったけれど、後でこのバラは強健で、初心者向きということを知りました。^^


てんとう虫が益虫ということぐらいは知っていたけれど、他の虫はアブラムシが害虫という意外はよく知りませんでした。でもこの本はとても参考になります。

虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
(2008/04/08)
ひきちガーデンサービス

商品詳細を見る


むやみに害虫を取らなくても、益虫が来てくれるから大丈夫と、ズボラな私にはとても頼もしい本です。


新しく買ったのがこの本。

バラ界のファーブル先生 Dr.真島康雄のバラの診察室 (ベネッセ・ムック BISES BOOKS)バラ界のファーブル先生 Dr.真島康雄のバラの診察室 (ベネッセ・ムック BISES BOOKS)
(2008/04/16)
真島康雄

商品詳細を見る


雑誌『BISES ビズ』に連載しているときから、気になっていたのですが、もちろん無農薬栽培で、虫にも寛容。そしてもう一つ、私のズボラ心を助けてくれる、剪定のいい加減さ(失礼)について書かれていました。
いつも適当に切ったり、全然切らなかったり、すごくいい加減。> 自分
でも、それでもいいみたい ...(まだ熟読してません)

手抜き剪定と関係があるのですが、ロンサール様はツルバラ系でどんどん伸びるのに、未だにアーチもないし、壁に這わせてもないのです! どうしていたかというと、適当に麻ひもであっちこっちから引っ張っているだけ。当然、それでは力が足りないので、強い風が吹くと、ゆっさゆっさと揺れて、見るたびに花の位置が入れ替わっていたり ...それで、痛んだ蕾みも数知れず ...
でもこの本には鉄筋を使った「どこでもフェンス」の作り方が載っていました。
これだったら、こんどこそアーチを作れそう。いよいよ夫の出番です!