FC2ブログ

収穫のときに思う

今くらいの時期に収穫すると、香りがいいらしい。
今回は月桂樹と、雑草化しているレモンバームを収穫。

乾燥させて保存しました。

レモンバーム収穫 2

 
薔薇の手入れ」について書いたときにsachiさんからいただいたコメントに触発されて、庭の虫たちとの関わり方について書いてみたくなりました。
  (虫は基本的に苦手です、以前はものすご~~~~~く苦手でした)

うちでは農薬も化学肥料も使っていません。(でも買った苗は薬で育てられてるだろうなあ)
有機肥料にしても、薔薇を植え付けたとき以外は撒いた記憶がありません。夏の水やりの水の節約のために、お米のとぎ汁をやることはたまにあります。それと、蚊が減ってくれることもあって、夏には木酢液を撒く回数が増えている気がします。
それが肥料の役目も果たしているかなあ ...>いいかげ~ん

もう、そろそろ限界かもね ...

いつか庭(といっても通路ぐらいの幅しかない)に植え替えようと思いつつ、何年も!鉢に入ったままになっていたユキヤナギ。よし今日こそと意気込んでみたときには、根が鉢の底穴を突き破って、土の中にしっかりとどいていたのを発見したことがありました !

もう耐えられなかったんでしょうねえ。>ごめ~ん
今も、一見鉢植え、実は地植え状態で毎年きれいな花を咲かせてくれます。

フェンネルに青虫とカメムシが大量発生したことがあって、一躍近所の子供たちの人気ものになったことがありました。ほっておいたら、いつのまにかいなくなってフェンネルも痛みませんでした。それ以後、やってきません、ちょっと寂しい ...

ゆずともう1本、何か柑橘系の苗木を植えたことがありますが、それは全滅しました。
ほとんど手入れしていなかったので、何の虫が食べたかもわからず終いです、アハハ ...
(他にも上手く育てられなかった植物はありますが、紙面の都合上、削除 ^^)

薔薇の手入れ」で紹介した本「虫といっしょに庭づくり」ではじめて、うちの木によくくっ付いているきれいなボールが、イラガの繭だと知ったのですが(遅!)、ある大切にしている木のアブラムシ対策のために、根元にペニーロイヤルを植えたら、イラガも来なくなりました。
他の木には未だに繭を見かけますが、イラガの被害にはあっていません。(益虫が食べた?気づくほど、ひどくない?気づくほど、手入れをしていない?)

ペニーロイヤルは、ミント系でどんどん増えるハーブなので、あまりあっちにもこっちにも植えるとたいへんなことになるかもしれません。それから、薬草効果が強く、専門家の指示なしに服用するのは危険だということを聞いたことがあるので、ハーブティや、食用にはしていません。うちでは防虫ハーブ用です。


 ちょっと音楽でも聴きましょう。「ここで」試聴できます。

Green Grass GrewGreen Grass Grew
(1995/11/24)
Phil Rosenthal

商品詳細を見る

この季節、アシナガバチがけっこう飛んでいます。
毎年、うちの軒下にいくつか巣を作ります。「虫といっしょに庭づくり」にイモムシやケムシを食べると書いてあったので、巣作りを応援しています。
アゲハチョウも飛んでくるし、名前を覚えきれないほどのあやしい虫たちも ...
でも、一様、育っている草木があるので、これでいいのだ。

あんまり何もしないから、自然といい生態系が出来上がっている気がする。>自己満足

うちはこんな感じでやっていますが、それぞれの環境によっていろいろだと思います。
良い子の皆さんはまねをしないようにしましょう。^^