FC2ブログ

シェーンベルクとベルク

シェーンベルク:浄められた夜シェーンベルク:浄められた夜
(1996/10/21)
ニューヨーク・フィルハーモニック

商品詳細を見る

シェーンベルク:浄められた夜
ベルク:抒情組曲/ヴァイオリン協奏曲「ある天使の想い出に」*


ピエール・ブレーズ/ニューヨーク・フィルハーモニック
ピンカス・ズーカーマン(ヴァイオリン)
ピエール・ブレーズ/ロンドン交響楽団*


ジャケットの絵が出ませんが、うちにあるのはグスタフ・クリムトの「
接吻」です。
食器を洗いながら「浄められた夜」を聴いていました。(いつものながら聴き)
そのまま、同じCD に入っている次の曲、ベルク作曲の抒情組曲とヴァイオリン協奏曲「ある天使の想い出に」を聴きながら、記事を書こうと思っていたのですが無理でした。聴き続けられません、強烈すぎます。アルマ(マーラーのもと妻)とバウハウス創始者ヴァルター・グロピウスとの間に生まれたマノン・グロピウスを偲んで作曲されたと言われるこの曲、いまだ聴き終われず。

そして、もう一枚、そのベルクの聴き終われない曲が入っている CD がうちにあるのを見つけてしまいました。多分、一度も聴いていない。いつ、なぜ買ったのか全然覚えていない。
Berg, Stravinsky: Violin Concertos / Perlman, OzawaBerg, Stravinsky: Violin Concertos / Perlman, Ozawa
(1996/08/13)
Alban Berg、

商品詳細を見る


そして、また1枚。アマゾンの検索では出てこなかったので、ジャケットの画像が出なくて失礼していますが、シェーンベルクの「ペレアスとメリザンド」が聴きたくて以前買った CD も見つけてしまいました。2曲目のベルクの「抒情組曲」が、1枚目の CD と重複している~。しかも、なぜカラヤン?(ベルリン・フィル)

ほとんど聴かないCD が3枚。お互いに重複し合っている。もったいない。
たくさんCD を持っている訳ではないのに ...

さて1枚目のCD の指揮者、ピエール・ブレーズ。その文字を見たとき、えっと~、ミア・ファロ-と結婚してた人だっけ ...とアンドレ・プレヴィンの顔(全然違う顔なのに)が先に思い浮かぶのが不思議です。