FC2ブログ

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲

珈琲を飲みながら、このCD を聴いています。

5 Violin Concertos / Sinfonia Concertante (Bril)5 Violin Concertos / Sinfonia Concertante (Bril)
(2008/07/08)
Wolfgang Amadeus Mozart

商品詳細を見る


CD1
ヴァイリン協奏曲第1番 K.207
ヴァイリン協奏曲第2番 K.211
ヴァイリン協奏曲第3番 K.216

CD2
ヴァイリン協奏曲第4番 K.218
ヴァイリン協奏曲第5番 K.219
協奏交響曲K.364*

ヴァイオリンソロの Giuliano Carmignola(ジュリアーノ・カルミニョーラ) 素敵です。
若手の演奏家集団というと、ギドン・クレーメル率いるクレメラータ・バルティカを思い出しますが、こちらはアバドが音楽監督をつとめる若手演奏家集団(オーケストラ モーツァルト)だそうです。知らなかったなぁ。
曲のせいか、演奏のせいかわからなけれど、とにかく、今、演奏を聴きながら、澄み切った気分を味わっています。
朝にも、夜にも合う感じ。気持ちがいい。

CD ケースに貼ってあったスティッカーに'Abbado and his new orchestra's first period-instrument recording' と書いてありました。

ピリオド奏法で、ヴィブラートを効かせてないからなのか、シャープな印象です。
それでも、CD に入っている解説を読みながら、くつろいで聴けたのだから、シャープといっても、とげとげしくない。
ピリオド奏法で、音が低いから、柔らかい印象とも言える。
知的な演奏なのに、穏やかって感じかなあ。

私が聞き慣れているピリオド奏法はモダン奏法(っていう?)と較べてほぼ半音低く感じるけれど、このCD はそれより少し高めです。

K.219 の3楽章のいわゆる、トルコ風と言われるところ、弦がきゅきゅきゅきゅっと鳴ってカッコイイ。お化けだぞ~って言ってるみたいに聞こえる、半音階のところもきれいに響いている。
K.219とK.364の協奏交響曲がお目当てで買ったCD で、他の協奏曲はほとんど知らなかったのですが、今聴いているk.216 の3楽章の途中で、ちょっと終わった感じがして、少しテンポがゆったりして雰囲気が変わるところ、好きだなあ。

1枚目のCDは、優しい気分で聴けます。
2枚目は元気になる感じです。

聴けば聴くほど魅力的な曲たちと演奏。

演奏者は違いますが、K.219、3楽章は途中からですがこちらで聴けます。トルコ風は冒頭部分から、お化けは42秒からの半音階で行ったり来たりするところです。
また演奏者が違いますが、K.216、3楽章はこちらから。上記の好きなところは3分16秒からです。
それから、もう一つ。K.216のカデンツァが大変なことになっています!
お時間のある方は、ぜひこちらを聴いてみてください。