FC2ブログ

探していた曲

思い入れのある曲のCD を探すのはたいへんだ。
特に、一度しか聴いたことがなくて、その時の音楽を追い求めると。

何年か前にザルツブルク・モーツァルト・フェスティバル・オーケストラのメンバーによる演奏会に行ったことがあります。
モーツァルトフェスティバルの演奏会でしたが、なぜかメンデルスゾーン作曲の弦楽四重奏曲も演奏されました。はじめて聴いた曲だったのですが、これがすご~く良かったんです!全員立って演奏して、お互いに楽しんでよく聴き合って演奏している様子が伺えました。特に、第一バイオリンの手塚有希子さんの颯爽とした演奏と、3楽章の素朴なメロディが心にしみ入ってしばらく忘れられなくなりました。

それでこの曲の CD を買おうと思ったのですが、持って帰ったはずのプログラムがなぜか見つからない。メンデルスゾーンということは覚えていたのですが、作品番号を思い出せない。
ずっと気になっていて、以前記事にしたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の3番 K.216の3楽章の好きなところ(3分16秒から)を聴いたとき、似た雰囲気を感じて、またプログラムを探してみることにしました。
あった~!ちゃんとファイルしていた!

演奏者は違いますが、こちらで3楽章が聴けます。弦楽四重奏曲 イ短調 第2番 op. 13 です。

これだ~っと喜んで、アマゾンでいろいろ試聴してみました。
有名な演奏家のCDもあったのですが、テンポやフレージングがどうしても、あの時の演奏と違う。遅いことが多くてがっかり。

いくら美しい音色でも、自分の記憶のテンポでないと受け入れられない。
ということで、やっと見つけたのがこれです。
全然知らない演奏家だったのですが、思い切って購入しました。
とにかく、この3楽章の素朴なメロディが好き。

メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番&第6番メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番&第6番
(2003/03/26)
カルミナ四重奏団

商品詳細を見る