FC2ブログ

Mistress Mary Quite Contrary

子どもをお医者さんに見せに行くときは何か本を持って行くのですが、今回はこれ。

秘密の花園〈上〉 (岩波少年文庫)秘密の花園〈上〉 (岩波少年文庫)
(2005/03)
フランシス・ホジソン バーネット

商品詳細を見る

The Secret Garden(Frances Hodgson Burnett)

まだはじめの方しか読んでいませんが、映画での印象とだいぶ違います。
メアリ・レノックスが、'秘密の花園'のある伯父クレイヴン伯爵の大邸宅で暮らし始める前のインドでの様子が詳しく書かれています。(映画でのこのあたりの場面を全然覚えていませんでした)
映画では、クレイヴン伯爵の大邸宅での子どもたちの様子やお庭の映像がとても美しかったことが印象に残っています。
原作では(日本語訳ものですが)どんな風に描かれているのか楽しみです。

でも、今週末本番を控えているのでしばらく読めないかもしれません。

映画はこちらでどうぞ。



夜食

だんだん寒くなると、カレーを食べる機会は減ってくる。
でも、きょうの夕食は久しぶりにカレー。
カレーを食べるとご飯をおかわりしたくなるが、腹八分がいいよねっと思って、
きょうはやめておいた。

でも11時をまわってから、お腹がすいてきてしまった。
こんな時間にお腹がすくくらいなら、おかわりをしておけば良かった。
こんな遅い時間に食べたら、腹八分で健康管理をした意味がなくなる。
でも今日は我慢せずに、チーズトーストを作って食べた。
マリボーチーズとライ麦入りの食パンの組み合わせ。とてもおいしかった。

Mary Shelley (2)

1816年6月、メアリ・シェリーが「フランケンシュタイン」を書き始めたとき、
彼女は18歳、駆け落ち中。(キャッチフレーズみたいですが)

1817年5月に書き上げるまでの間にはいろんなことが起きる。
仲の良かった父親違いの姉ファニ(Fanny)の自殺、
駆け落ち相手パーシー・シェリー(Percy Shelley)の妻ハリエット(Harriet)の自殺。
駆け落ち中でありながら、2人の子どもを出産。一人目の女の子は早産で、まだ名前もつけられていない間、12、3日後に亡くなっている。2人目の子どもは男の子でWilliam。
メアリの父と同じ名前でもあるし、「フランケンシュタイン」の最初の犠牲者であるヴィクター・フランケンシュタインの弟の名前でもある。

メアリは1797年8月30日にロンドンで生まれた。
父親は『政治的正義』などを書いたウィリアム・ゴドウィン(William Godwin)、
母親はフェミニストの先駆者とも言われるメアリ・ウルストンクラフト(Mary Wollstonecraft)。
母親はメアリの出産が原因で10日後に亡くなる。
その後、ゴドウィンはウルストンクラフトの前の恋人との間の子ファニ・イムレイ(Fanny Imlay)とメアリを育てるのだが、メアリが4歳のときにご近所のメアリ・ジェイン・クレアモント(Mary Jane Clairmont)と結婚する。(メアリが多すぎ!)
この新しい母親には二人の子どもがいて、そのうちの一人がクレア(Claire)、のちにバイロンとの子ども アレグラAllegra を出産する。
メアリは10代になってから、家に出入りしていた詩人パーシー・シェリー(Percy Shelley)と恋に落ちる。パーシーには妻がいるので、駆け落ち~となったわけだ。
そのとき、クレアも連れて行くのがわけわからない。

間があくと思いますが、Mary Shelley まだ続きま~す。

それからはスープのことばかり考えて暮らした

いい本に出会ってしまった。

こうなると、この作者の本をたくさん探すだろな、
クラフト・エヴィング商會の本もたくさん探すだろうな。

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」のことを考えてばかりの暮らしになっていたと思っていたのに、よく考えるとそんなに長いことそうしていたわけではなかった。
ゆっくり時間が流れたように、錯覚していた。
爽やかで、ちょっとぼやっとした気分を楽しみました。


それからはスープのことばかり考えて暮らしたそれからはスープのことばかり考えて暮らした
(2006/08)
吉田 篤弘

商品詳細を見る

Mary Shelley (1)

ハロウィンの重要なキャラクターはなんといっても、カボチャのお化け提灯(Jack-o'-lantern)だと思うが、フランケンシュタインもよく登場するキャラクターのようだ。
しかし、フランケンシュタインというのはその怪物を作った人物の名前であって、
あの怪物(Monster)あるいは創造物(Creature)の名前ではない。

『フランケンシュタイン』(Frankenstein: or, The Modern Prometheus)はメアリ・シェリー(Mary Wollstonecraft Shelley)によって、1818年に出版された。
SF小説の走りと言われることもあるし、映画で印象づけられて以来、一般化された怪物のおどろおどろしいイメージから、こわ~い話と思われているようでもある。
でも、ただそれだけの話ではない。

当時の女性の立場、そしてそこに生きるメアリ・シェリー自身のことを考えると、怪物がその時代における女性の立場、あるいはメアリを投影しているのではないかと思いながら読むと、さらにおもしろい。深読みって楽しい!

何回かに分けて、(でも続けてじゃなくて)作者メアリ・シェリーについて書いてみようと思います。

彼女の人生と『フランケンシュタイン』との関係に興味を持ってくださる方が、
ひとりでも多くなるとうれしいです。

Frankenstein: The 1818 Text Contexts, Nineteenth-Century Responses, Modern Criticism (Norton Critical Editions)Frankenstein: The 1818 Text Contexts, Nineteenth-Century Responses, Modern Criticism (Norton Critical Editions)
(1996/04)
Mary Wollstonecraft ShelleyJ. Paul Hunter

商品詳細を見る




こちらは少し改訂された1831年版を翻訳したものです。
フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))
(1984/01)
森下 弓子Mary Shelley

商品詳細を見る