FC2ブログ

Mary Shelley (1)

ハロウィンの重要なキャラクターはなんといっても、カボチャのお化け提灯(Jack-o'-lantern)だと思うが、フランケンシュタインもよく登場するキャラクターのようだ。
しかし、フランケンシュタインというのはその怪物を作った人物の名前であって、
あの怪物(Monster)あるいは創造物(Creature)の名前ではない。

『フランケンシュタイン』(Frankenstein: or, The Modern Prometheus)はメアリ・シェリー(Mary Wollstonecraft Shelley)によって、1818年に出版された。
SF小説の走りと言われることもあるし、映画で印象づけられて以来、一般化された怪物のおどろおどろしいイメージから、こわ~い話と思われているようでもある。
でも、ただそれだけの話ではない。

当時の女性の立場、そしてそこに生きるメアリ・シェリー自身のことを考えると、怪物がその時代における女性の立場、あるいはメアリを投影しているのではないかと思いながら読むと、さらにおもしろい。深読みって楽しい!

何回かに分けて、(でも続けてじゃなくて)作者メアリ・シェリーについて書いてみようと思います。

彼女の人生と『フランケンシュタイン』との関係に興味を持ってくださる方が、
ひとりでも多くなるとうれしいです。

Frankenstein: The 1818 Text Contexts, Nineteenth-Century Responses, Modern Criticism (Norton Critical Editions)Frankenstein: The 1818 Text Contexts, Nineteenth-Century Responses, Modern Criticism (Norton Critical Editions)
(1996/04)
Mary Wollstonecraft ShelleyJ. Paul Hunter

商品詳細を見る




こちらは少し改訂された1831年版を翻訳したものです。
フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))フランケンシュタイン (創元推理文庫 (532‐1))
(1984/01)
森下 弓子Mary Shelley

商品詳細を見る