FC2ブログ

大曲本番終了

大曲の本番が終わりました。
この合唱団に入れてもらえてよかったと思うことは常々ありますが、今回は今まで以上に厳しい中で、至福の時を過ごすことができました。
最初にこの曲を聞いたときは、うっわ~、暗い! と否定的に受け止めたのですが、こんな大曲を、すばらしい合唱指揮の先生に指導していただき、そして私たちの町の誇るオーケストラと世界的なマエストロの指揮で本番を迎えたことはすばらしい体験でした。

マエストロはとても厳しい指導で知られているらしく、合唱指揮の先生からもリハーサルで上手くいかなかったら、ひとリずつ歌わされること、だめな人はその場で退場させられる可能性があることを聞いていました。もう、こわい~という気分を通り越して、だめだったら仕方がないと覚悟を決めてリハーサルに望みました。

まず、ピアノプローベ(ピアノ伴奏でのリハーサル)がありました。マエストロはgood とか、okay とかの連続で、いくつか注意点はあったもののスムーズに練習は終了。ちょっと拍子抜けなくらいでした。すでに日本でいくつかの公演をこなしていらっしゃるし、きっとお疲れなのだろう、明日のオケとのリハーサルで、はい、退場と言われたらもっとはずかしいなあと不安は膨らみました。

オケとのリハーサルは二日間。本番が近づくにつれて、マエストロはだんだん若返り、厳しくなっていきました。それでも一人ずつ歌わされることはなく、本番当日のリハーサル、いわゆるゲネプロでは、ほんのちょっとそれぞれの曲の出だしを中心に確認した程度。パートによっては、注意もありましたが、私が気になっていたところは練習がなく、good, good の連続。返って恐さがつのりました。

そして迎えた本番。このときのマエストロは一番厳しかった! 
でもゲネプロで注意されたところが上手くいったとき等、満面の笑みで表現してくださって、お互いのアイコンタクトはばっちり。私自身の反省点は毎回のごとく山積みなのですが、合唱すばらしかった! 緊張感の中で、ものすごくマエストロに集中して、みんなで歌い上げる喜びにひたることができました。自分の文才のなさのため、上手く表現できないのですが、とにかく感動しました!
演奏が終わって、オケが退場すると、三々五々とお客さんは帰っていかれる訳ですが、合唱団が退場するときまで、ずっと拍手で見送ってくださった方々がたくさんいらしたのがとてもうれしかったです。
それから、オケはいつものようにすばらしく、歌のソリストと絡む楽器ソロの出番もいくつかあってとても楽しめました。残念ながら、歌のソリストは今回、オケを挟んで指揮者の隣で歌っていて(当然客席をむいて)、合唱団の位置からはよく聞こえませんでしたが、きっと客席には素敵に響いていたことでしょう。

合唱団の打ち上げ。なんとマエストロもソリストのみなさんも参加してくださいました! 激しい写真大会になりましたが、マエストロは終始ご満悦で、合唱指揮者にも心からの賛辞を述べられていました。

さて、話は前後しますが、練習のときのことを振り返ってみます。
マエストロのこの曲に対する解釈は昔のCD とは全然違うからねと合唱指揮の先生から聴いていましたが、幸運にも合唱団員で、マエストロの一番新しいCDを持っている方がいて、事前に聞くことができて大部助けられました。もともと、この楽曲自体難しい上に、とにかくテンポが速い! 歌心を持って歌わなくてはいけないのだが、それに溺れないようにシャキシャキとテキパキと器楽的に歌わなくてはいけない。とても難しかったのですが、テンポ、解釈はほとんどこのCD と同じでとても助けられました。パート練習のとき、難しい曲にヘトヘトになったときは、まさかこんなに速くはないだろうと楽観的に解釈した日もありましたが、第1部の5曲目Et in terra pax はCD より速くてドキドキでした。

練習を始めたとき、現代音楽ではなく、バロック音楽なのに
なんて音取りが難しい曲なんだろうと思ったものです。他のパートと合わせてみると、ちゃんと音取り出来ていたと思ったところがあやしくなってくる。出来るようになると、難しかったところの方が音がバシッと決まるようになる。余裕がでて来て、他のパートのテーマを聴きながら自分のパートの役割を考えつつ歌う努力を始める。声のコントロールが難しいところが顕著になってくる。楽譜は手にもって歌っていいのだが、暗譜をしなくてはいけなくなる、この長い曲を!そしてまた上手くいかないところ発覚 . . . とこんなことの繰り返しでした。

体力があるうちにまたこの曲を歌いたいです。

近況

実はちょっとお腹につく風邪をもらっていたようで、辛い思いをしていた。(大げさ)
いつものように、治る前からいろいろ食べたくなるので、本当に食べてもいい状態にお腹がもどっているのかどうかよくわからない。ついフライングしてしまって、また調子が逆戻りする可能性が非常に高い。でも今週は合唱や個人レッスンが続いていて失敗は許されない。(お腹が痛くても仕事はできるけど、歌は歌えない。)それで何もない金曜日にケーキを食べることにした。

近所にあるおいしいケーキ屋さん。大人の味で子どもたちには今ひとつ人気がないので、一人で食べるには丁度いい気がすると思い、この日を心待ちにしていた。それなのに、その予定していた日に寝坊してしまったせいか、なんだかケーキ気分が半減して、結局まだ食べていない。本当はおいしいケーキの写真を載せようと思っていたんですけどねぇ。

さて、お腹の風邪を治そうとしていたとき、ひたすら寝ていた。横になっていただけでなく、本当に睡眠していた。そのときの反動か、ここ数日全然夜眠れない。
あ、新聞配達の音 . . . 明るくなってきた . . . 上の子の目覚ましが鳴っている . . . ってな具合で、寝始められるのは朝。子どもたちが起き出した頃はきっと熟睡中。
それまで寝込んでいたこともあって、私なしでも子どもたちは適当に朝食をとって、さっさと学校に行ってしまう。幸か不幸か誰も起こしてくれない。

それにしても、一番驚いたのが朝になるまで一睡もできず、ただ布団の中で寝ようとしていたのに、ちっとも退屈していないこと。次から次にいろんなことを考えてしまって、あっという間に朝になっている。別に悩んで寝付けないのではなくて、連想ゲームのように次から次へと思いが広がっていってしまうのだ。(でも楽しんでいるばかりではなく、やっぱり眠りたいんです。早く普通のパターンに戻りたい!)

ようやく、ぼやぼやっと起き出してテレビをつけると映画をやっていた。お、ジェフ・ゴールドブラムが出ている、めずらしい。もしかして『眠れる夜のために』?それじゃちょっと話でき過ぎじゃな~い?と自問自答しながら調べてみると違っていた、ぷ、はずれ。

ドミンゴ&ヴィラソン

今年の歌練習は、1月本番のこの曲から始まりました。二日間、合唱指揮者との最後の練習がありました。次はもう本番週間です。

今週はそれに引き続き、2月本番のアンサンブルの練習、3月本番のオペラの練習があって、かなり焦った状態。家にいて練習していないときは、どれかをBGM に流していることがほとんどですが、こないだ食器を洗いながらちょっとFMをつけてみると、ヴェルディのレクイエムの「怒りの日」がガンガン流れていました。全曲放送するようで、ソロも出てきました。誰が歌っているのか知らずに聴いていたのですが、お~、ドミンゴだあ。
ドミンゴはすぐわかるも~ん。低いところの歌い方は、やっぱりヴィラソンに似ているなあ...おっと失礼、ヴィラソンの声がドミンゴに似てると言わなくちゃ。でも合唱団はどこのだったんだろう。

解説のところを聞き逃したので、ネットで調べてみると、ローマ聖チェチーリア・アカデミー合唱団だとわかったのはいいのですが、あら~、テノールはヴィラソンでした!

どうやら、こちらのCD のようです。
ジャケットをクリックすると試聴するところへ行けます。
ヴェルディ:レクイエムヴェルディ:レクイエム
(2009/10/28)
パッパーノ(アントニオ)ハルテロス(アニヤ)

商品詳細を見る


やっぱりヴェルディの音楽といえばいいのか、『レクイエム』というオペラを聴いている感じがします。「永遠の安息を与え給え」は甘く切ない。「怒りの日」はモーツァルトのレクイエムのもカッコいいのですが、ヴェルディのは爆発しています!やっぱりオペラティックな迫力です。
いつか歌ってみたいです。

今頃クリスマス

年が明けてますが、クリスマスの写真を載せることにしました!

     まずはやっぱりツリーから。
     クリスマスツリー1:09
     なんだか暗いですね。




ちょっと、部分的にクローズアップしてみるとこんな感じ。

クリスマスツリー2:09 クリスマスツリー3:09 



クリスマスイヴにはサーモンのソテーを食べて、
フランスの白ワイン、サンセールを飲みました。
サンセール:12/25/09




     そしてメインのクリスマスの夜はなぜか、ラザニアのリクエストがあって、
     ワインはこれ。シチリアの赤ワインです。
     シシリア赤ワイン12/25/09



ケーキがメインのつもりの夕食でした。
サンニコラクリスマスケーキ09 クリスマスケーキカット09

クリスマスケーキ&グラス09
4人で全部食べ終わりました。おいしかったです、幸せ。



    デザートワインはこちら。
    デザートワインクリスマス09

デザートワインまで飲めるのが、特別な日の醍醐味。




お正月最終日

今朝は完璧な朝食からはじまりました。

下の子が豆を挽いて、上の子が珈琲を入れてくれたのです!
夫は珈琲を飲まないので、一人で飲むことが多いのですが、上の子が飲めるようになってきて、先に起きた上の子は私を起こして珈琲も一緒に入れてくれたのです。
今日ははじめて珈琲を入れてもらった記念すべき日となりました!
そういえば、去年のお正月には上の子が下の子に教えながら魚をさばいて、格別においしいムニエルを作ってくれたのでした。(私はできません)

夕食はのこりもののビーフシチューやタコスを食べて、
食後には、"限定"の言葉につられて購入したトラ模様のロールケーキを食べました。

トラロールケーキ

デザートワインがもう残っていなかったのが残念でしたが、生クリームがまろやかで、スポンジ部分にカスタードクリームも混ぜ込んであって、とってもおいしかったです。みんなで一本全部、食べてしまいました。
ふと、『お茶の時間にきたトラ』を思い出しました。

新年

あけましておめでとうございます!
コメントをくださる皆さん、読んでくださる皆さん、いつもありがとうございます。
かなり不定期に書いているブログですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、大晦日の夜は、夕食のときとは別に、年が明ける瞬間にシャンペンかスパークリングワインで乾杯することが多いのですが、今回はグリューワイン(ホットワイン)にすることにしていました。
でもそれとは別に、お正月用のワインと日本酒を買いにお店に行ったら、珍しくオーストリアワインを発見してしまって予定変更。グリューワインは飲まず、今回はこれにしました。
オーストリアワイン表大晦日09 オーストリアワイン裏大晦日09

コルクではなく、スクリューのキャップなのが雰囲気的にがっかりですが、ちょっとウィーン工房の雰囲気がするラベルが気に入りました。

味はさらっとしていますが、個性的です。サーモンのマリネのお供に飲んだのですが、あまり合いませんでした。

実は、このワインは夕食のときに開けたのですが、飲み続けられなくて、前日ののこりの赤ワインを割り込ませました! 食後はごまシュークリーム。クリスマスに飲み終わらなかったデザートワインといっしょにいただきました。
そしていよいよ年が明ける瞬間にまたあわててオーストリアのワインで乾杯しました。


さて、年が明けてからの朝食はお雑煮がメイン。玄米のお餅は香ばしくおいしかったです。
のこりはおやつにして、きな粉をつけていただきました。
砂糖のかわりに栗の甘煮のシロップを入れてみました。
元旦もち2010 元旦くり2010


夕食はグーラッシュのつもりのビーフシチューでまたウィーンを懐かしみました。
元旦ボルドー&ビーフシチュー2010


食後はいよいよグリューワインに切り替えて、チーズにパン、そして和菓子を食べ続けました。
テレビを見ながらこうやってダラダラしているのが、お正月の気分です。

さて、みなさんはどんなの飲み食べ生活を過ごされましたか?