FC2ブログ

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


登場するのは、和三盆、マドレーヌ夫人、ミケランジェロ、キャンディ、玄三郎、かのこちゃん、すずちゃんなどなど。
誰が人間なのかわかりませんね。
この中には犬もいるのですが、どこかの携帯のCMのせいか、違和感がありません。表紙からも想像できるように、猫も登場します。

ドキドキする場面や涙する場面もあるのですが、全体的にほのぼのとしていて、爽やかな気分で読み終われました。

装丁いいなあと思っていたら、クラフト・エヴィング商會が担当していたとわかってうれしい。
クラフト・エヴィング商會は『それからはスープのことばかり考えて暮らした』で出会って以来好きなんです。


*ここからはこの本を読んでいない人は見ない方がいいコーナー

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [DVD]マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 [DVD]
(2008/09/17)
ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン

商品詳細を見る

タイトル:Mr.Magorium's Wonder Emporium

エドワード・マゴリアム:ダスティン・ホフマン
モリー・マホーニー:ナタリー・ポートマン
ヘンリー・ウェストン:ジェイソン・ベイトマン
エリック・アップルバウム:ザック・ミルズ


いろいろと魅力的なシーンがあるし、俳優たちも上手くて部分的に気持ちが入って行けるのだけど、それを持続できなかった。
映画の終わり方も意味はわかるんだけど、なんだか肩すかし。
映画のはじめと終わりのスクリプトのアニメーションはセンスがあって好きだった。

マゴリアムは不思議なおもちゃ屋の経営者、モリーはそこで働いている。
エリックはそこの常連客のようでいっしょに店を手伝っている。(多分、無給)
ヘンリーは新しく会計士として雇われるが、おもちゃ屋の不思議な世界を感じ取れない堅物。

ダスティン・ホフマンとジョニー・デップは全然似ていないのに、『チャーリーとチョコレート工場』でのジョニー・デップを思い出した。
ダスティン・ホフマンはlisp(s の発音がth になる)になっていたけど、どういう意味があるのだろう?

ナタリー・ポートマンは『スター・ウォーズ エピソード1』ではじめて見たとき(映画は部分的にしか観られなかったけれど)、何と美しい!と思ったのだが、この映画では、美しさを全面に出してはいない。なるべく普通の若い人っぽくしている感じだ。口元と声が時々ジュリア・ロバーツに似てると思った。

ザック・ミルズははじめて知った子役だけど、とても上手い! それと発声で気がついたことだけど、多分上の奥歯と下の奥歯の間を開けてしゃべっていた(自然に)と思う。[i] の発音がつぶれていなくて柔らかだった。うらやましい、歌声を聞いてみたい。

<DVDの注意>
トレーラーのセクションがあって、いろいろな映画の予告を選んで観られますが、オカルト系のものも含まれるので注意が必要です。DVD を付けた途端に出てくるタイプよりいいのですが、知らない映画は題名を見てもわからないので(私はそう)、子どもに観せるときは特に注意が必要です。

*ここからは映画を観ていない人は見ない方がいいコーナー

音楽と手帖

心機一転というほどでもありませんが、
ブログ名を「音楽と手帖」から「*観たい、聴きたい、読みたい*」に
変えることにしました。これからも引き続き、どうぞよろしくお願いします。

2009年アルゲリッチ

きのう偶然、FM でアルゲリッチを聴くことができて大興奮!
FM音楽番組「ベストオブクラシック」でシューマンのピアノ協奏曲のライヴ録音(2009年11.19 ドイツ)が放送されました。お供はシャルル・デュトワ指揮のベルリン・ドイツ交響楽団でした。

やっぱりアルゲリッチ節。確かなテクニックに裏付けられた、あの強気の演奏が好きです。

たしか、アルゲリッチが弾くシューマンのピアノ協奏曲のCD はなかったですよね。ああ、録音しておけばよかった...

アルゲリッチと言えば、やっぱりこれですよね。(試聴できます)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲チャイコフスキー:ピアノ協奏曲
(2008/05/28)
アルゲリッチ(マルタ)

商品詳細を見る

チャイコフスキーのピアノ協奏曲、指揮はキリル・コンドラシン。
ライヴ録音ならではのアルゲリッチの熱い演奏が聴けます。特に終わりの部分、何度聴いても気分がスカ~ッとします。

<追記>
失礼しました、シューマンのコンチェルトのCD ありました。
しかもライヴ録音です! 
チャイコフスキーのコンチェルト、それに独奏曲も何曲か入っています!

チャイコフスキー&シューマン:ピアノ協奏曲チャイコフスキー&シューマン:ピアノ協奏曲
(2000/06/25)
アルゲリッチ(マルタ)

商品詳細を見る

サウンド オブ ミュージック

ひさしぶりにDVD で鑑賞しました。
いい曲が目白押し! 懐かしい! 
うれしく歌いながら観ていたのですが、やっぱり子供たちに注意されました。

my favorite things

♪「私のお気に入り」なんとも素敵です。基本短調の曲ですが、途中♪Girls in white dresses with blue satin sashes から伴奏が長調になって、また短調になって最後は長調で終わります。好きなものの名前(マリアが想像するところの子供たちの喜びそうなもの)が次から次に出てきて、楽しさと、寂しさの入り交じった感じがする大好きな曲です。
ジャズにアレンジしてある曲も好きですが、この場面で、この曲。またワクワクしながら映画を味わうことができました。

『ウエストサイド物語』のナタリー・ウッド、『王様と私』のデボラ・カー、『マイ・フェア・レディ』のオードリー・ヘップバーンの歌の吹き替えをしているマーニ・ニクソンが吹き替えではなく、修道女ソフィアの役で出演して歌っています。ちゃんとした女優さんで、なぜいつも吹き替えだったのか不思議です。

サウンド・オブ・ミュージック 製作40周年記念版 (ファミリー・バージョン) [DVD]サウンド・オブ・ミュージック 製作40周年記念版 (ファミリー・バージョン) [DVD]
(2008/04/18)
ジュリー・アンドリュース

商品詳細を見る


借りて来たDVD は1枚ですが、こちらは2枚組。ミア・ファローのスクリーンテストなど、特典映像が面白そう、う~んほしくなりました。


音楽のお祭り

恒例のゴールデンウィーク中の音楽祭出演は、
日程上、練習にほとんどいけないことがわかっていたので、
今回は辞退させていただきました。
その分、たくさん聴くぞ~と思っていたけれど、
もともショパンはわざわざ演奏会で聴きたいというほど好きではないので、
演奏家で選んで、有料演奏は1つだけ聴きました。
アブデル・ラーマン・エル=バシャのピアノ独奏。
以前偶然テレビで演奏を聴いていいなあと思っていた演奏家。
まさか、こんなに早く、生で聴けるとは思っていませんでした。
なんてラッキーなんでしょう。次は是非コンチェルトで聴きたい!
オケと合わせる曲のリハをちょっとだけ聴いたけど、すばらしかった。

この音楽祭、やはり、わいわいした雰囲気が魅力で
その場に居合わせるとあれもこれも聴きたくなって、
無料公演をだいぶ聴きました。あちらこちらで
音楽関係の知り合いにばったり会って、
それぞれ聴いた演奏会の話をするのも楽しかった。
1日しか行かなかったけど、十分に音楽祭を楽しむことができた。