FC2ブログ

Eat, Pray, Love

eat, pray, love

『食べて、祈って、恋をして』Eat, Pray, Love
監督:ライアン・マーフィ
脚本:ジェニファー・ソルト
出演:ジュリア・ロバーツ(エリザベス・ギルバート)、
   リチャード・ジェンキンス(リチャード)、
   ハビエル・バルデム(フィリペ)他

こないだ、『グラン・ブルー』を観て、パスタが食べたくなったばかりですが、この映画もそうでした! (ピザも美味しそうでした。)

ジュリア・ロバーツ中心映画という感じでしたが、ファンでない私が嫌みに感じない程度。彼女が演じたリズ(エリザベス)にはほとんど魅力を感じませんでしたが、それ以外の登場人物たちが魅力的という映画でした。

旅先の映像が美しかったですし、楽しいシーンもたくさんありました。イタリア語を実地体験しながら、学んでいるシーンもその一つ。愉快でした。でも、残念ながら映画の終わり方が好きではありませんでしたといっても実話なのですから、それはそうなのでしょうけど、リズを今ひとつ好きになれませんでした。エリザベス・ギルバート本人が話しているのを何かのHPで観たことがありますが、なかなかチャーミングだったので本を読むと共感できるのかもしれません。
この映画の原作はリズの回想録なので実話のはずですが、こんなに赤裸々に書かれた人たちは大丈夫なのでしょうか。きっと了解を得ているのだとは思いますが、人ごとながら気になります。

原作は映画のおかげではなく、その前から大ベストセラーだったそうです。
原作の方がおもしろいのかなあ。
Eat, Pray, Love: One Woman\'s Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)Eat, Pray, Love: One Woman\'s Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)
(2007/11/15)
Elizabeth Gilbert

商品詳細を見る

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)
(2010/08/10)
エリザベス ギルバート

商品詳細を見る


*ここからは映画をまだ観ていない人は見ない方がいいコーナー

続きを読む »

グラン・ブルー

面白かった映画についてブログに書こうと思うと、自分の感動を伝えるいい言葉が浮かんできません。それにいろんなエピソードが気になる質なので、それを書き始めると長ったらしくなったり、それをやめようと思うとぶつ切りになったり。そして結局ブログに書けない。ブログの映画欄のタイトルをながめると、ほんとに好きな映画とまあまあと思った映画のバランスが悪いので、なんだか自分のじゃないみたい。

それでとりあえず、ちょっと前に、*趣味の棚(ブログ右側)を作って、好きな映画全部とはいきませんが、そちらに入れてみました。好きな映画の画像があるだけでちょっと落ち着きます。本や CDなどもちょこちょこ入れてみました。そしてその中から、ときどき引き出して、ブログに書けるといいなあと思っていました。

さて、テレビをつけてみると、やっと涼しくなったというのに、『グラン・ブルー』をやっていました。8月にやればいいのにと思ったのですが、いまだ趣味の棚に「夏を楽しむ」をのこしているので文句をいってはだめですね>自分

グラン・ブルー オリジナル版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-rayグラン・ブルー オリジナル版 -デジタル・レストア・バージョン- Blu-ray
(2010/09/24)
ロザンナ・アークェット、ジャン=マルク・バール

商品詳細を見る


この映画、昔映画館で観たときは、たしか『グレートブルー』だったと思います。(かなり、じわ~っと感動したのを覚えています。静かに衝撃的でした。)いろんな版があるのですね。今回、ケーブルですべての版を放映する(している)と言っていました。

結末に近づくあたりが悲しいので今回、最後まで観ませんでしたが、(心の準備ができていなかったので)やはりすごく惹きつけられる映画でした。
実在のダイバー、ジャック・マイヨール役のジャン=マルク・バールは精神の深いところから完璧役になりきっていて、柔らかいのに凄みがあります。純粋さからくる静かな強さがすごいです。エンゾ役のジャン・レノ(全然似てないと思いつつ、笑顔のエンゾが笑福亭鶴瓶に似てると思った)も明るい豪快さが楽しいし、ジョアンナ役のロザンナ・アークエットもいつもながらかわいい。役者たちがとてもいいです。主役級ではないですが、エンゾの弟役のマルク・デュレもいいし、エンゾの母親も典型的というかステレオタイプのイタリアのマンマで楽しい。それから非常にかわいいイルカたちが主役級に心にのこります。美しい風景の中、パスタを食べたくなるシーンもあって、イタリアに旅したくなります。

マジック

9月に入ったものの、何これっという暑さにイライラしているうちに秋の予感。
ふー、やっと朝夕、涼しくなりました。
まるで魔法にかけられているようです。(昼間、魔法がとけます)
これから、うれしい季節本番。暑さを理由に先伸ばしていたことがたまっていますが、
まあ焦らず、ちょっとゆっくり始めようと思います。

さて、石けん。うちではマジックソープを使っているのですが、8月にアマゾンでも取り扱っているのを発見しました! しかも、ローズが800円台から500円台になっているのを見つけて大人買い。(といっても3個)
マジックソープ バー  ローズマジックソープ バー ローズ

アカサカ商会

商品詳細を見る

9月に入って買いたい本もあったので、ついでにマジックソープを買い足そうと思って検索してみると、ローズは800円台に戻っていました。今はラベンダーなど(他にも数種類)が安くなっているようです。時期によってお買い得商品をかえるのだろうか。

マジックソープに使われているココナツ油、オリーブ油、ホホバ油、ヤシ油はすべて有機栽培で、香料は精油だそうです。メイク落としにも使えます。しかもフェアトレードだというのもエライと思います。
今使っているローズはローズウッドのような軽い感じで、うちの男たちも大丈夫です。

ローズに負けず劣らずティートゥリーの香りが好きなので、どちらかが値下がりするのを待つべきか、今のうちにラベンダーにするべきか考え中です。