FC2ブログ

笑いたい

3月11日以来、やはりどうしても心が重たく、何かにつけ暗くなるので、
ガッハッハッと笑える本が読みたいと思っていた。

娘が図書館に行くというので、アマゾンで見つけていた、
群ようこの『ひとりの女』を借りて来てもらった。
「明日からのパワーを必ずもらえる爆笑の一冊」と書いてあったが、
爆笑はできなかった。
どうしようもなくいやになる登場人物が多いのだ。
主人公マイコがその人たちに立ち向かっていくところが面白いのかもしれないが、
いっしょに怒ってしまって、イライラしてしまうのが問題だ。
じゃあそこで、マイコがグワーッとと怒ってくれるからすっきりするかというと、
気持ちはわかるがそこまでズケズケいうと同調できなくて、やっぱり笑えないのだ。

娘がお土産~と称して借りてくれた、同じく群ようこの『かもめ食堂』の方が、
爆笑とまでは行かないがぷっと笑えてよかった。
以前、家族でこのDVD を観て、みんなで楽しんだことを娘は覚えていてくれたのだ。
その気持ちがうれしい。
図書館のお土産は気軽にもらえるのがいい。

ひとりの女 (集英社文庫) かもめ食堂 (幻冬舎文庫)