FC2ブログ

たのしいこといっぱい 65

毎度のことながら、ブログを書いていない日々が続いてしまいました。
書きたいと思いつくことはいろいろあって、
書きかけ状態のものもいくつかあるんですが、
なかなか完結しません、たいしたこと書いているわけじゃないのに。
消してしまうべきか、完成すべきか . . . う〜ん,どうしよう。

さて、気を取り直して、最近買った本のこと。
読み物と写真集が一緒になったような本が欲しいとずっと思っていて、
ある日、無性に読みたくなった、というより買いたくなりました。

堀井和子さんの本、いいなあとか思っていたのですが、
偶然見つけたこの本を即購入。

   楽しいこといっぱい 65

私はこの3月で65歳になりました。

えー! 栗原はるみさんて、もうそんな年齢だったんだ。
自分より、年上とは思っていたけれど、びっくりの年齢です。
素敵な笑顔で若々しい!

さて、この本。
折に触れて、何度も読み返す本になると思います。
家事ってほんとはもっと楽しめること、
もっと素敵なことと思わせてくれます。
家事をめんどくさがる自分が恥ずかしくなります。

でも、読者に罪悪感をもたせず、
自分にもできそう、やってみたいと思わせてくれます。

家事のことが、メインに書かれている本ではありません。
栗原さんの日々の楽しみや大切にしていることも書かれていて,
そのあたりのことも素敵です。
栗原さんは主婦としてしっかり地に足がついているのに、
そよ風のようにさわやかで、ほんとに素敵で、かわいい。

いまのところ、わたしが真似てみたのは、
夕食のしたくにとりかかる前の白ワインだけですが、
もうちょっと前向きに、家のことができる気がします。
楽しもぉ〜っと。


最初に栗原さんに興味を持ったのは、こちらの本を読んだ頃。
ごちそうさまが、ききたくて。―家族の好きないつものごはん140選

けっこう、手抜きっぽいのもあるという印象でした。
当然、参考になりました。