FC2ブログ

考える人:ピアノの時間

考える人 2009年 05月号 [雑誌]考える人 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/04/04)
不明

商品詳細を見る

考える人 2009年 05月号 [雑誌]

  吉田秀和さんの対談があったので購入。
  いつもながら、穏やかにして切れ味がいい。




合唱練習の帰りのバスの中で、吉田秀和&堀江敏幸の対談の記事だけは読み終えた。

「バッハの音楽というのは、上手下手に関係ない。」なんて言ってくれるのはうれしい。
初来日したホロヴィッツの演奏を批評した有名な『ひびの入った骨董品』発言があるけれど、今回、コルトーの演奏を評して「転ばない酔っぱらいかな」と言っているのも面白い。
コルトーの演奏と言われても、音がちっとも思い浮かばないので検索してみると、大好きな、シューマンのピアノソナタ第2番ト短調を見つけた。この曲はアルゲリッチで聴いて以来、私にとって他の演奏はあり得ないのだけれど、吉田さんのことばを読んでからだとコルトーも楽しめる。
コルトーの演奏はこちらです。

大好きなアルゲリッチの演奏はこちら。

他にもたくさん興味深い言い回しがある。
コルトーのことを、「今の水準からいったらシュナーベルと同じくらい下手なピアニストです」と言ってみたり、リヒテルなどのロシア楽派のピアニストを初めて聴いた頃、そのテンポの遅さに驚いた話をして、その後に出てきたアファナーシエフについて「もっと遅く弾く人が出てきた。僕はそれにはもうついていかれない。」と言ってみたり。この「もうついていかれない」という表現のしかたは、とても吉田さんだなと感じれる好きな言い回し。

ほかにも、音楽に対する愛情のこもった鋭い批評がたくさんあって、紹介し続けていたいけれど、中途半端に引用すると吉田さんの真意と違ってくる恐れがあるので、これくらいにしておきます。

対談相手の堀江さんが言っているように、「吉田さんが褒めたレコードはもちろん、ここはよくない、納得できない、と言われた方のレコードもセットで買いたくなってしまうんですね」という気持ちにさせてくれます。

みなさんぜひ、手に取って読んでみてくださいね。

Comment

ありがとうございます

ご紹介ありがとうございます。
結構「音楽雑誌」以外の雑誌の「音楽の特集」も面白いので買うことがあるのですが、見落としも多くて・・雑誌はすぐに店頭から消えてしまいますしね・・

それから音楽を言葉で表現するのは本当に難しいですね。
私なんて音楽そのものも良くわかっていない上に語彙が乏しすぎるので、好き嫌いくらいしか表現が浮かびません・・

アルチーナさん、こんばんは。
ほんと、雑誌は機会を逃すとなくなっていますよね。
今回は吉田さんだったので、即買いました。

「考える人」は音楽特集じゃないときも注目している雑誌です、たいていは書店から持ち出すことはありませんけどね。
この、前の号(「パリとその周辺」)は、インテリアに関係ない記事の写真のインテリアに惹かれて買ってしまいました。

> それから音楽を言葉で表現するのは本当に難しいですね。
いいなあと思えば思うほど、難しいですねえ。私もいい言葉が浮かんでこなくて、好き~とか、素敵~になってしまいます。

度々失礼します

音楽を表す言葉
一度ソムリエが使う言葉が利用できるのでは!!
などと思ったのですが、ソムリエ用語もあまり知らなかったのに気が付きました。
芳醇なとかフレッシュなとか・・あまり他には浮かばない・・

それから「オケ老人!」やはり記事に書こうかな?と思っているのですがLottaさまのブログを記事内でリンクしても構いませんか?拙ブログ、読者が多いわけではないのでアクセス数アップ!にはなりませんけれど・・

アルチーナさん、
ソムリエ用語、いいですねえ! その発想がすばらしい。
「芳醇」という言葉、いつか使いこなせるようになりたいなあ。
知識としての語彙が増えても、自分のものになっていないと、滑稽な使い方になるかもしれないですからね、まるで外国語習得の過程みたいな考え方してますが ...
「フレッシュ」、思いつかなかったなあ、でもすぐにでも使えそうな気がしてきました。

> それから「オケ老人!」やはり記事に書こうかな?と思っているのですがLottaさまのブログを記事内でリンクしても構いませんか?拙ブログ、読者が多いわけではないのでアクセス数アップ!にはなりませんけれど・・

こんな記事でよかれば、どうぞリングしてみてください。
実はコメントに自分のブログアドレスを鍵コメとか、前置きなしで入れたのは、アルチーナさんのブログがはじめてなんです。そのあたり、とても奥手なのでアクセス数アップなんて全然気にしていません。
「オケ老人!」の記事、とても楽しみにしていますよ~♪

コルトーのドビュッシーのLPを持っています。
「転ばない酔っぱらい」ですか。
即物的な演奏ですが、結構好きです。

nyankomeさん、コメントありがとうございます!
自分の記事を読みかえしてみたんですが、あれだと吉田さんがコルトーのことをあんまりよく言っていないようにみえますね。引用の仕方が悪かったと思います。
吉田さんは、コルトーはポエジーだと言っています。そしてシューマンは名演だと言っています。
それから古い本ですが、吉田さんの『LP300 選』にはコルトーでドビュッシーの『前奏曲集』第1集が入っています。
手元にはないのですが『世界のピアニスト』にもコルトーについて書いているようです。

> コルトーのドビュッシーのLPを持っています。
nyankomeさんのLP はどの曲ですか?

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する