FC2ブログ

明日は咲くかも

薔薇の蕾2:5/11/09



全然手入れが行き届いていないうちの薔薇。
だからもうすぐ蕾みがつくかなあという時期になるとアブラムシだらけ。
それで木酢液を撒く。
そして歯ブラシでこすり取る。
朝夕、気が向いたときに木酢液を撒く。
それでもう大丈夫。

今年は薔薇の手入れをはじめようと思ったとき(昨日なんです)にはもう、こんなにふっくらした蕾がついていた。それなのにアブラムシがついていた蕾みは一つだけ! うれし~い。
さすがに葉っぱは病気っぽく、黄色くなっているのもあったのでそれは摘み取って、ついでにあっちこっち風通しをよくした。

年を追うごとに手抜きに拍車がかかる私の手入れ。
それに比例するように強くなっている気がするうちの薔薇。
薔薇は「もう勘弁してよ~、もっとかまって~」って思っているのかもしれないけど。
やっぱり、この強靭さが自慢です。

Comment

好みの薔薇

この薔薇私の好みっぽいです。
ピエール・ド・ロンサール・・・でしたっけ?
近いうちに私も薔薇園に行ってみたいです。

Ceciliaさん、コメントありがとうございます!
正解です。名前覚えていらっしゃるのすごいですね!
咲いたら、がんばって写真を載せようと思っています。
これがなかなか大変で、手こずっています。
きっともっと簡単な方法があるはずなんですが。

ロンサール

mitkaffee様: もうすぐ咲くロンサール、楽しみですね。まん丸いつぼみが可愛いです。そうか、初夏は薔薇のシーズンでしたね。

当方の記事にリンクしてくださるなんて、光栄です。ちなみに当該記事のURLは:
http://bonnjour.exblog.jp/11059321/
です。

bonnjourさん、コメント、リンクの承諾ありがとうございます!
光栄と言っていただいて、さらに光栄です!

初夏の楽しみの一つはロンサールです。
このつぼみ、咲きそうでまだ咲いていませんが、このふっくら加減、期待が持てます。
いっしょに愛でていただいてうれしいです。
咲いた暁にはbonnjourさんのロンサールのお話、引用させていただきますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん、気を使ってもらってありがとうざいます。

原作の方は全然、読み進んでいないのですが、映画とは登場人物の設定が違うようです。
図書館の洋書は少ないので、この本はないだろうと思っていたのですが、探してみてよかったです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する