FC2ブログ

シェーンベルクとベルク

シェーンベルク:浄められた夜シェーンベルク:浄められた夜
(1996/10/21)
ニューヨーク・フィルハーモニック

商品詳細を見る

シェーンベルク:浄められた夜
ベルク:抒情組曲/ヴァイオリン協奏曲「ある天使の想い出に」*


ピエール・ブレーズ/ニューヨーク・フィルハーモニック
ピンカス・ズーカーマン(ヴァイオリン)
ピエール・ブレーズ/ロンドン交響楽団*


ジャケットの絵が出ませんが、うちにあるのはグスタフ・クリムトの「
接吻」です。
食器を洗いながら「浄められた夜」を聴いていました。(いつものながら聴き)
そのまま、同じCD に入っている次の曲、ベルク作曲の抒情組曲とヴァイオリン協奏曲「ある天使の想い出に」を聴きながら、記事を書こうと思っていたのですが無理でした。聴き続けられません、強烈すぎます。アルマ(マーラーのもと妻)とバウハウス創始者ヴァルター・グロピウスとの間に生まれたマノン・グロピウスを偲んで作曲されたと言われるこの曲、いまだ聴き終われず。

そして、もう一枚、そのベルクの聴き終われない曲が入っている CD がうちにあるのを見つけてしまいました。多分、一度も聴いていない。いつ、なぜ買ったのか全然覚えていない。
Berg, Stravinsky: Violin Concertos / Perlman, OzawaBerg, Stravinsky: Violin Concertos / Perlman, Ozawa
(1996/08/13)
Alban Berg、

商品詳細を見る


そして、また1枚。アマゾンの検索では出てこなかったので、ジャケットの画像が出なくて失礼していますが、シェーンベルクの「ペレアスとメリザンド」が聴きたくて以前買った CD も見つけてしまいました。2曲目のベルクの「抒情組曲」が、1枚目の CD と重複している~。しかも、なぜカラヤン?(ベルリン・フィル)

ほとんど聴かないCD が3枚。お互いに重複し合っている。もったいない。
たくさんCD を持っている訳ではないのに ...

さて1枚目のCD の指揮者、ピエール・ブレーズ。その文字を見たとき、えっと~、ミア・ファロ-と結婚してた人だっけ ...とアンドレ・プレヴィンの顔(全然違う顔なのに)が先に思い浮かぶのが不思議です。

Comment

>クリムトの「接吻」
初めてウィーンを訪れた際、ツアーだったのでこの絵が観られませんでした。二度目のウィーンは、半分この絵が観たくて行ったようなものでした。
その代わり、古楽器博物館に行けなかったので、これは次の機会に。(^_^;)

nyankomeさん、
古楽器博物館と引き換えに観られたなんて、とてもお好きなんですね。
私ははじめてウィーンに行ったとき、観ましたよ~。
泊めてもらった留学中の先輩はクリムトが好きで、私はそのときはじめてクリムトを知りました。
最後にウィーンに行ったときも観てきました。
ヴェルヴェデーレはお庭も含めてとても素敵なところですよね~。

ジャケが良かったですね!

こんにちは!ブーレーズ指揮の「浄められた夜」は、私もLPで持っています。懐かしいです。1974年録音ですよね?内容よりも、ジャケット画のクリムト「接吻」に惹かれて買いました。高校生のときはLPジャケを、壁に飾っていました。
ブーレーズは、もう一種類、83年の弦楽六重奏曲版の録音もありますよね、あれよりもNYフィルとの合奏版のほうが全然好きですが(この曲の、最初に買ったレコードということもあります)。
アンドレ・プレヴィンとブーレーズは似ていませんよね!ふふふ。ミア・ファローと、プレヴィンは似ているかな?
ベルクのVn協奏曲は、キツイ曲です。10年以上聴いていません・・・・これを良い機会に、CD棚から引っ張り出して挑戦してみたいと思います!

門前トラビスさん、
LPでお持ちですかあ。CD のジャケット、いかにもLP ジャケットを縮小コピーしましたという感じです。でも、LPだと絵が大きくて飾るのに向いていますね。
多分、同じものだと思いますが、「浄められた夜」は1973年録音、ヴァイオリン協奏曲が84年で「抒情組曲」が74年録音と書かれています。
ヴァイオリン協奏曲、ぜひまた聴いてみてくださいね。私は当分無理そうです。

プレヴィンとブーレーズ、似ていませんよねぇ。違うと理解しているのに、どうしても画像ととして先にプレヴィンが思い浮かぶんですよねえ。
そういえば、ウミネコも鳥だとわかっているのに、先に猫の画像が思い浮かんで、次に八代亜紀の画像が思い浮かびます。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する