FC2ブログ

紙に囲まれて

子どもたちが部屋の片付けをして、いらないと決定したプリント類は、一様、目を通すことにしている。誰かに似て、かなりため込んでいるので、チェックするのにけっこうな時間を費やす。
子どもの写真が入っているプリントは取っておこう ...あ、習字を何枚か見つけてしまった。
そんなときに、見てはいけないんだけど、見たくなる本。

紙から生まれる暮らしの愉しみ紙から生まれる暮らしの愉しみ
(2005/01)
井上 由季子

商品詳細を見る

「京都のお菓子と包み」のページだあ ...『神馬堂』の包装紙の赤が好き ...とか、思い始める。あぶない、あぶない。

捨てられない紙ものが、またふえる予感。

また京都に行きたい ...


Comment

あ!!
この方の他の本を借りて、実生活に取り入れてみました・・・
http://ameblo.jp/baroque1683/entry-10121677556.html

紙、いいですよね!こちらの本もチェックですね!
そうそう、以前教えていただいた
日本語の本は図書館に予約中・・
手許に来るまでかなり時間がかかりそうです・・・

アルチーナさん、
実行しているのがエラ~イ! しかも、本格的ですね。
茶筒に原稿用紙のアイデア、この本にも載っています。
私はパラパラッと見て、自分も出来る気分になっておしまいかなあ ...(またかあ)
もうすぐ、返却日です。

例の日本語の本、コミックエッセイなのにそちらには入るのかあ ...待てよ、もしかするとこっちの図書館にもあるかもと思って検索してみたら、予約中になっていました!
で、よ~く見ると、タイトルは同じで違う著者名。違う本だぁ! 
この本を予約した人は、ほんとにこれいいんだろうかと勝手に心配しています。
老婆心ながら、アルチーナさんの予約も気になるところです。

井上さんのアイディアって真似したいものがたくさん。
いつかは・・・何かに・・・と思いながら
ひとまずは何でもとっておくのですが
興味ない人からみるとただのゴミです(汗)

usausaさん、
> 興味ない人からみるとただのゴミです(汗)
そうなんですよね~。家人からは定期的にいや~な目で見られています。
でも、たま~に使えるものがあると、なかなか捨てられないです。

> 井上さんのアイディアって真似したいものがたくさん。
消しゴムのかけらとか、ちぎった和紙とかのアイデアをみると、この世にゴミは存在するのかと思ってしまいます。そこで私は家が片付かなくなるのですが、井上さんの家はすっきりと片付いているている。そこを見習わなくては!と今、思っています。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する