FC2ブログ

ドビュッシー

以前、ミケランジェリがショパンを演奏しているCD を紹介したことがありますが、今回はドビュッシー。
このCDは、買ったのをちゃんと覚えています。

Images 1 & 2 / Children\'s CornerImages 1 & 2 / Children\'s Corner
(1990/10/25)
不明

商品詳細を見る


ここで試聴できます。

ここにはミケランジェリの世界があるように思います。

Comment

ミケランジェリの弾くドビュッシーは好きで、前奏曲集(第1巻)も持っています。彼独自の美学が聴けます。

nyankomeさん、コメントありがとうございます!
なるほど、ミケランジェリには美学という言葉が、ぴったりですね。

この人が!?違うって!

こんにちは~。おお、懐かしいですね、このジャケット!ミケランジェリはレパートリーが少ないだけに、録音は音もさることながら、ジャケットデザインと結びついて思い出されます。
個人的には、この録音はちょっと微妙なのですが、彼の音楽観や人生観をあらわした、音=人、という意味で唯我の境地にある演奏と思います。しかし、意外にも、演奏家がそれほど強烈に前面に出ているわけでもない、ところに好感が持てますよね。
話は変わりますが、このジャケットイラストを見た友人が、「ミケランジェリって、おかっぱ髪が似合うなあ・・・」とつぶやいていました。いえ、その人、違いますから!

門前トラビスさん、こんばんは。
懐かしいということは最近はあまりこれ、聴かれていないんですね。
きっと、この曲もいろんな演奏家のCD を持っていらっしゃって聴き比べされているのでしょうね。

さてジャケットの話ですが、実はブログに載せてあらためて見たとき、門前トラビスさんに似てるなあって思ったんですよ。^^

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する