FC2ブログ

NO.10 フーガ(平均律クラヴィーア曲集 第1集)

学生の頃、ボロボロで雰囲気のある校舎の2階で授業を受けていると、1階の練習室からこの曲が聞こえてきました。(防音対策0!)
なんだか、宇宙人と交信しているような音楽だなと思ったものです、とくにはじめの部分。
リヒテルの演奏です。フーガは1分54秒のところからです。

グルダの演奏。2分20秒からフーガ。
特にプレリュードの方、ジャズっぽいリズム感を感じるのは、私の先入観かなぁ。

アシュケナージ。2分30秒からフーガです。プレリュード、ロマンチックに歌っているなあ。(本人の歌声は入っていません、グールドじゃないので)
本人の顔写真も出てきますが、やっぱりダスティン・ホフマンに似てると思う。

うちで聴いているのはアンドラーシュ・シフです。
バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第1巻バッハ : 平均律クラヴィーア曲集 第1巻
(1997/10/25)
シフ(アンドラーシュ)

商品詳細を見る

Comment

3者3様で面白かったです。
好みはグルダの演奏です。
そう言えば、ウチにはキース・ジャレットのアルバムがあります。これはジャズっぽくありません。

nyankomeさん、
楽しんでいただいて、よかったです!
え、ジャズっぽくないキース・ジャレットですか?
興味津々です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する