FC2ブログ

Mary Shelley (2)

1816年6月、メアリ・シェリーが「フランケンシュタイン」を書き始めたとき、
彼女は18歳、駆け落ち中。(キャッチフレーズみたいですが)

1817年5月に書き上げるまでの間にはいろんなことが起きる。
仲の良かった父親違いの姉ファニ(Fanny)の自殺、
駆け落ち相手パーシー・シェリー(Percy Shelley)の妻ハリエット(Harriet)の自殺。
駆け落ち中でありながら、2人の子どもを出産。一人目の女の子は早産で、まだ名前もつけられていない間、12、3日後に亡くなっている。2人目の子どもは男の子でWilliam。
メアリの父と同じ名前でもあるし、「フランケンシュタイン」の最初の犠牲者であるヴィクター・フランケンシュタインの弟の名前でもある。

メアリは1797年8月30日にロンドンで生まれた。
父親は『政治的正義』などを書いたウィリアム・ゴドウィン(William Godwin)、
母親はフェミニストの先駆者とも言われるメアリ・ウルストンクラフト(Mary Wollstonecraft)。
母親はメアリの出産が原因で10日後に亡くなる。
その後、ゴドウィンはウルストンクラフトの前の恋人との間の子ファニ・イムレイ(Fanny Imlay)とメアリを育てるのだが、メアリが4歳のときにご近所のメアリ・ジェイン・クレアモント(Mary Jane Clairmont)と結婚する。(メアリが多すぎ!)
この新しい母親には二人の子どもがいて、そのうちの一人がクレア(Claire)、のちにバイロンとの子ども アレグラAllegra を出産する。
メアリは10代になってから、家に出入りしていた詩人パーシー・シェリー(Percy Shelley)と恋に落ちる。パーシーには妻がいるので、駆け落ち~となったわけだ。
そのとき、クレアも連れて行くのがわけわからない。

間があくと思いますが、Mary Shelley まだ続きま~す。

Comment

メアリ・シェリー、なかなかドラマチックですよね

メアリー・シェリーだけなのか、当時の文人、芸術家がそうだったのか分かりませんが、なんというか、みな個性が強くって、ラジカルで、こだわりがありますよね~。
そこから生まれてくる、エキセントリックで時代を変える文学、絵画、音楽ですけど、生まれてきた背景が分かるとさらに面白いですよね(作品以上に、実生活がドラマチックだったりしますよね)。
今後も、メアリーシリーズ、楽しみにしております。

Re: メアリ・シェリー、なかなかドラマチックですよね

門前トラビスさん、
メアリ・シェリーに限らず、その時代の有名人の肖像画とか見ると、生真面目な印象を受けるのですが、私生活や考え方って面白いですねぇ。
メアリ・シェリーについていろいろ読んでいるのですが、読み方が中途半端でいざ書こうと思うとまとまらなくなってしまっています~。どうにか続けていこうと思っているのですが、ブログに書くのって難しいですね。
でも楽しみしていただけてうれしいです!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する