FC2ブログ

シューマン or グリーグ

好きな曲の中には、この曲はこの演奏家!という図式が自分の中に出来ているものがあります。
シューマン作曲のピアノソナタ第2番ト短調作品22はアルゲリッチ。特に第1楽章が好き。

リスト:ピアノ・ソナタ(紙ジャケット仕様)リスト:ピアノ・ソナタ(紙ジャケット仕様)
(2004/04/21)
アルゲリッチ(マルタ)

商品詳細を見る

CDジャケットをクリックすると、試聴するところに行けますが、ちょっと表示が間違っているようで最終的な試聴先は12番をクリックすると、シューマンのピアノソナタの1楽章です。
(2010年2月3日現在)

第1楽章、”できるだけ速く”と書かれています。途中、”もっと速く”になって、最後の方で”まださらに速く” となっています! アルゲリッチの弾き方は、いつもカッコいいのですが、この曲ではこの速さの指示に全然気負いがなく、悠然と速く弾いていて、聴いていてとてもスカ~とした気分になります。

学生のとき、ピアノ担当の先生にこの曲を見てもらえるか聞いたことがあります。
私はピアノ専攻ではなかったからか、返って冒険もさせてくれる先生だったのですが、「う~ん . . .まずこっちを弾いていらっしゃい」と言われてグリークのピアノソナタホ短調を練習することになりました。

何となく雰囲気は似ている。

Comment

No title

アルヘリッチのピアノはいつもカッコイイですね。
確かにグリーグと曲調が似ていますね。

ボストリッジ&内田光子の試聴先リンクを変更しました。

Re: No title

nyankomeさん、
コメントありがとうございます!
アルヘリッチのピアノはいつもアルヘリッチだなあと思います。
このシューマンのソナタに、彼女のかっこよさがぴったりはまっています。

ボストリッジ&内田光子、試聴しに行きますね。

初めまして~

こんにちは。
先日はご訪問頂きまして有難うございました。
ここでは初めましてですね。
トミーと申します。どうぞ宜しくお願いします。

アルゲリッチの躍動感のある演奏に胸がワクワクしますね。
彼女らしさが出ていてお好きになられる気持ちがよく分かります。
彼女が弾くと楽譜が浮かんでき難い...。(苦笑)
きっと曲の捉え方が凡人とはまるで違うんだろうと思ったり。
グリークのソナタは知りませんでしたが、確かに似た感じはしますね。
お歌のことなど、更新されるのを楽しみにしております。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

Re: 初めまして~

トミーさん、
こんにちは。
コメントありがとうございます!
あら~、ブログ読んでくださっていたのですね、
それに長い長い歌の記事も読んでいただいて、うれしいです。

グリーグのソナタ、シューマンに較べると音の埋まり具合が簡素ですが、なかなかカッコいいです。似た感じがするのは1楽章だけなのですが、他の楽章も素敵です。

アルゲリッチの演奏「楽譜が浮かんでき難い」っていい表現ですね。
彼女の演奏は、コンドラシン指揮のライブ録音のチャイコフスキーのピアノ協奏曲が好きです。曲の終わりの方、まさにアルゲリッチです!

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する