FC2ブログ

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
(2010/01/27)
万城目 学

商品詳細を見る


登場するのは、和三盆、マドレーヌ夫人、ミケランジェロ、キャンディ、玄三郎、かのこちゃん、すずちゃんなどなど。
誰が人間なのかわかりませんね。
この中には犬もいるのですが、どこかの携帯のCMのせいか、違和感がありません。表紙からも想像できるように、猫も登場します。

ドキドキする場面や涙する場面もあるのですが、全体的にほのぼのとしていて、爽やかな気分で読み終われました。

装丁いいなあと思っていたら、クラフト・エヴィング商會が担当していたとわかってうれしい。
クラフト・エヴィング商會は『それからはスープのことばかり考えて暮らした』で出会って以来好きなんです。


*ここからはこの本を読んでいない人は見ない方がいいコーナー
思いつくままに箇条書っぽいメモです。

和三盆の、猫舌って言葉を覚えたときに思ったことが楽しい。

玄三郎が犬たちの鳴き声ネットワークを使って問題を解決して行くシーン、
ディズニーの『101匹わんちゃん』を思い出した。この作者もあのアニメーション観たかな?

猫又の話はすごい。
マドレーヌ夫人がかとりさんになっているところ、とても臨場感があって現実にありえそうで面白い。

マドレーヌ夫人と玄三郎との夫婦愛がとても自然で温かくうらやましいくらい。
マドレーヌ夫人はかのこちゃんへの愛も深い。どっちの方がもっと好き?なんて野暮なことは思わないでおこう。

それから、かのこちゃんが作った夏休みの自由研究、マドレーヌ夫人のお散歩地図がとっても好き。見てみたい。

Comment

No title

面白そうな本ですね!
児童書が好きなので、登場人物に犬や猫も存在するのは抵抗がないです。というかむしろ、その方が面白そう。。どきどきや涙もありながら、ほのぼのっていうのは好みです。「これからはスープ・・」に続いて、読んでみたい本のひとつになりました。


Re: No title

だーらさん、
興味を持っていただいてうれしいです!

児童向きでない言葉がちょっと出てきますが、昔児童だった、児童書が好きな人には楽しめる本だと思います。
のんびりしているところと、テンポよく進んで行くところがあって楽しく読めました。

そちらの図書館には日本語で書かれた本も多いようでよかったですね。
置いてほしい本のリクエストもできるんですよね、きっと。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する