FC2ブログ

Eat, Pray, Love

eat, pray, love

『食べて、祈って、恋をして』Eat, Pray, Love
監督:ライアン・マーフィ
脚本:ジェニファー・ソルト
出演:ジュリア・ロバーツ(エリザベス・ギルバート)、
   リチャード・ジェンキンス(リチャード)、
   ハビエル・バルデム(フィリペ)他

こないだ、『グラン・ブルー』を観て、パスタが食べたくなったばかりですが、この映画もそうでした! (ピザも美味しそうでした。)

ジュリア・ロバーツ中心映画という感じでしたが、ファンでない私が嫌みに感じない程度。彼女が演じたリズ(エリザベス)にはほとんど魅力を感じませんでしたが、それ以外の登場人物たちが魅力的という映画でした。

旅先の映像が美しかったですし、楽しいシーンもたくさんありました。イタリア語を実地体験しながら、学んでいるシーンもその一つ。愉快でした。でも、残念ながら映画の終わり方が好きではありませんでしたといっても実話なのですから、それはそうなのでしょうけど、リズを今ひとつ好きになれませんでした。エリザベス・ギルバート本人が話しているのを何かのHPで観たことがありますが、なかなかチャーミングだったので本を読むと共感できるのかもしれません。
この映画の原作はリズの回想録なので実話のはずですが、こんなに赤裸々に書かれた人たちは大丈夫なのでしょうか。きっと了解を得ているのだとは思いますが、人ごとながら気になります。

原作は映画のおかげではなく、その前から大ベストセラーだったそうです。
原作の方がおもしろいのかなあ。
Eat, Pray, Love: One Woman\'s Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)Eat, Pray, Love: One Woman\'s Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)
(2007/11/15)
Elizabeth Gilbert

商品詳細を見る

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)
(2010/08/10)
エリザベス ギルバート

商品詳細を見る


*ここからは映画をまだ観ていない人は見ない方がいいコーナー
覚え書きです。

エリザベスの夫や駆け出し俳優の恋人は魅力的とまでは思わなかったが、ときどき見せる欠点が、ある意味チャーミングで人間味を感じたりした。

イタリアでのシーン。バールでエリザベスに声をかけて来たスウェーデンの女性が、かっこよくて、しかもとってもチャーミング。それから脇役にもならないような町のイタリアの人たちもとても魅力的。イタリア語レッスンパートナーの母が、ずけずけと話すのも嫌みがなくてよかった。

次はインド。最初にエリザベスに近づいて来た結婚を控えた若い女性がこれまた素敵。
テキサスから来たという男性は、かなり嫌みな奴なのだが、だんだんと良さというか人間味がでてきてなかなか興味深い人。イライラするような役柄をリチャード・ジェンキンスは上手く演じていたと思う。

そして、最後はインドネシア。映画の始めにでてくる占い師のような治療師のような人。この人の言葉をきっかけに、リズの人生の旅が始まるわけだが、別れ際に、See you later, alligator. って誰に習ったのか、アメリカの子どもたちが使う言い方でさよならをいうのが楽しく、おどけた賢人という感じ。別の治療院の治療師?の女性も賢さとチャーミングさをあわせもった感じで好きだった。そして、ブラジルからきたフィリプ。最初、なんか勘違いしているおっさんみたいだったが、笑顔がチャーミングで、ステレオタイプのラテン系がかわいかった。
話の結末のあたり、島に誘うフィリプの気持ちはわかる。でも、一度その誘いに断ったエリザベスが治療師のことばだけでまたもとのさやに戻るというのが、解せない。でも実話なのですよね...本を読むともっと心の機微が伝わって、リズの気持ちがわかるのだろうか。

Comment

はじめまして

はじめまして。
ブログを始めたばかりのrosalindと申します。
この映画、原作を読んでから観たので楽しく観れました。でも、読んでいない人は、主人公にいまひとつ感情移入できない、という声が多いみたいですね。原作は、明るいスピリチュアルという感じで私はとても新鮮でした。失恋した後の、彼への執着心の手放し方とか、興味深かったです。
恋愛中だとより一層楽しめる内容かなと思いました。笑
たくさん、本を読まれているんですね。また、時々お邪魔させてください。v-254

Re: はじめまして

rosalindさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!
rosalindさんのコメントに触発されて、エリザベート・ギルバートについて検索してみたのですが、著者自身がその本の一部分を読んでいる動画を見つけました。30分もあるのでまだ一部分しか見ていませんが、映画ととても違う印象です。rosalindさんが言われているように、もっとスピリチュアルな感じがしました。
> たくさん、本を読まれているんですね。
いえいえ、読み終わった本はすくないのです。本は好きなのですが、とても読むスピードがおそいのです。そのスピードに合う気の長さがないので、投げ出した本は数知れずあります。

rosalindさんのブログも読ませていただきました。
詩を読ませていただいたような感じがします、素敵ですね。
また伺います。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する