FC2ブログ

12月にラ・ボエーム

12月にオペラというと、まず大晦日に観たくなる、ヨハン・シュトラウスのオペレッタ『こうもり』を思い出すのですが、『ラ・ボエーム』にも12月らしい場面がありますね。

舞台はパリ。クリスマス・イヴからはじまる第1幕はコミカルなシーンがあるとはいえ、薄暗いロドルフォの部屋が舞台ですが、第2幕はとても華やか。クリスマス・イヴを祝う人々が通りを行き交う様子はとても明るくて美しいし、カフェのシーンは賑やかで楽しい。ムゼッタのアリアがバチッと決まれば、完璧!

でも、第1幕のアリアを忘れてはいけませんね。
学生時代に借りたオペラアリア集のレコードでミミ、ロドルフォそれぞれのアリアを聴いたのですが、そのときミレッラ・フレーニのミミを聴いて大好きになりました。(フレーニもアリアも)その後ミラノスカラ座歌劇場の日本公演でフレーニがミミを歌い、それがテレビで放送されると知ったときは友人と狂喜乱舞~! フレーニはミミの年齢よりだいぶ上になっていましたが、私のミミのイメージそのものでした。フレーニは、容姿を売り物にするタイプの歌い手ではないですが、かわいらしさを醸し出せるのがすごいです。

プッチーニ:ラ・ボエーム全曲
カラヤン(ヘルベルト・フォン) フレーニ(ミレルラ) パヴァロッティ(ルチアーノ) ハーウッド(エリザベス) パネライ(ローランド) ギャウロフ(ニコライ) マッフェオ(ジャンニ) セネシャル(ミシェル) ピエチュ(ゲールノート)
B00005FKTD

CDなので映像はありませんが、音楽だけで十分クリスマスイヴの華やかさが味わえます。
私にとってベストのミミ&ロドルフォはこのときのフレーニとパヴァロッティです。


映像はやはりこれでしょう。

ラ・ボエーム デラックス版 [DVD]
B002HP7UYK

舞台ではなく、映画的に撮影されたものですが、アンナ・ネトレプコ&ローランド・ビリャソンが演じて歌っています。
ビリャソンはドミンゴ系列の好みの声だし、ネトレプコは私が生で聴きたい歌い手のベスト3の常連です。かなり、観てみたいDVDです。
違う曲ですが、こちらで豊かな声でチャーミングに歌うネトレプコ、それからかわいい観客とコンサートマスターをご覧になれます。
そうそう、ネトレプコは映画『プリティ・プリンセス2』に、歌手役で出演していました。

プリティ・プリンセンス2 ロイヤル・ウエディング 特別版 [DVD]
プリティ・プリンセンス2 ロイヤル・ウエディング 特別版 [DVD]
そしてついに、ジュリー・アンドリュースも歌います!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する