FC2ブログ

おおきいツリー、ちいさいツリー

おおきいツリー ちいさいツリー
おおきいツリー ちいさいツリー

ある日、ウィロビーさんのお宅(かなりの豪邸)に、クリスマスツリーが届けられました。
こんな大きな木、今まで見たことがありません。
さて、その木を部屋に運び込んでもらったのですが、さあたいへん。
大きすぎた木は、天井につっかえて上がグニュっと曲がってしまいました。
そこでつっかえている部分を切ってもらいます。
そして、その切られた部分が誰かを幸せにして . . . というお話のようです。


子どもの時習っていた英語の先生のお宅には、大きなクリスマスツリーがありました。
クリスマスの時期になるとお庭に植えてあるモミの木(たぶん)を鉢に上げてくださって、
お教室は本格的にクリスマス色に染まりました。
クリスマス会のときは先生のお手製のおいし~いケーキと
フルーツパンチ(もちろんアルコール成分なし)をいただいて、
クリスマス気分を味わわせていただいていました。
そして、私もいつか大人になったら本物のモミの木で
クリスマスを祝いたいと思うようになったんです。

数年前、ついに念願のモミの木を買うことができました。
毎年、なにも手入れをしていないのにぐんぐん伸びていって、
豊かな姿でクリスマス気分を盛り上げてくれていたのですが、
今年は秋頃からてっぺんあたりが枯れはじめました。
ずっと、鉢植えで庭においていたのが問題なのかもしれません。
先生のお宅にように地植えにしたほうがいいのかなあ。
ああ、今年はクリスマスツリーをあきらめて、庭に植え替えるしかないかと
思っていた矢先にこの本を見つけたんです。(ネット上でですけど)

この本のクリスマスツリーは、りっぱに成長した木で、枯れてなどいないのですが、
私もこんな風に上を切って飾ればいいんだと思わせてくれた本なのです。
まだ、その作業には取りかかっていないんですけどね。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する