FC2ブログ

馬小屋のクリスマス

馬小屋のクリスマス

ある子どもがお母さんのひざの上で、聞かせてもらったクリスマスのお話というスタイルで書かれた絵本のようです。(上の画像をクリックすると、中身検索ができるところにいきます。)
アマゾンのレビューを読むと、それだけではない、もっと深いところのお話のようです。

著者がリンドグレーンというだけで、読みたくなります。
リンドグレーンと言えば、イロン ヴィークランドの挿絵が定番で、
彼女の絵が好きなのでなのですが (とくに『やかまし村のクリスマス 』!)
このラーシュ・クリンティングも、お話の静かな雰囲気に合っていて素敵です。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する