FC2ブログ

恋するベーカリー

お正月に『ポーラーエクスプレス』といっしょに借りて来た大人用のDVD です。
2日に観ることができました。

恋するベーカリー/別れた夫と恋愛する場合 [DVD]
『恋するベーカリー』 It's Complicated

監督 ナンシー・マイヤーズ 製作総指揮 イロナ・ハーツバーグ、スザンヌ・ファーウェル
製作 ナンシー・マイヤーズ、スコット・ルーディン
脚本 ナンシー・マイヤーズ
出演者 ジェーン・アドラー:メリル・ストリープ
    アダム:スティーヴ・マーティン
    ジェイク・アドラー:アレック・ボールドウィン
    ルーク・アドラー:ハンター・パリッシュ
    ハーレイ:ジョン・クラシンスキー
    アグネス:レイク・ベル
    エドワード:ダリル・サバラ
    ガビー・アドラー:ゾーイ・カザン
    Dr.モス:ジェームズ・パトリック・スチュアート
音楽 ハンス・ジマー 撮影 ジョン・トール
編集 ジョー・ハッシング、デヴィッド・モリッツ


この映画を観たら、チョコレートクロワッサンが非常に食べたくなりました。

ドタバタコメディではないのですが、が~っと笑える映画です。
子どもたちとは観れない表現やシーンがたくさんありますが、
雰囲気もエレガンスでとても楽しめました。
家族のあり方が丁寧に描かれていて、子どもたちと観れないのがとても残念です。
映画『ホリディ』の時も思ったのですが、恋愛に関してあけすけな表現もあるのに、親子間の愛情が素敵に描かれているのです。『ホリディ』のときは、子どもたちと川の字になって、話をするところがものすごくかわいかったです。そしてこの『恋するベーカリー』には、そんなシーンがたくさんあるのですが、特に、もう大人になった子どもたち3人(しかも男女)がベッドの中にいて、かけつけたお母さんの話を聞くところがものすごくかわいかったです。

メリル・ストリープの元夫役のアレック・ボールドウィンは、映画『ノッティングヒルの恋人』で、ジュリア・ロバーツの、ちょっと太めの恋人役で結構ちょい役で出ていて、驚いたのですが、今回はもっと太めで、もちろん年もとって、中年のかわいいおじさんになっていました。そしてそれが役柄にぴったりで、とてもチャーミングでした。(でもたまにライバルに鋭い視線を向けるときもあって、それも良かった)
スティーヴ・マーティンは建築家役で出演していましたが、一番コメディを演じていい人が、一番静かだったのも面白かったです。
映画『めぐり逢えたら』Sleepless in Seattle にトム・ハンクスの友人役(実生活では妻)でいい感じで出ていたリタ・ウィルソンが、メリル・ストリープの友人役で出ていてリアリティを出していました。(この映画にはでていませんが、ジョーン・キューザックやオリンピア・デュカキスも助演クラスをいい感じに演じる女優さんだと思います)
それから、メリル・ストリープの娘のフィアンセ役のジョン・クラシンスキーが、とてもチャーミングに笑わせる役を演じて、とてもいいスパイスになっていました。この人誰だろうって思って検索してみたら、『ホリディ』(同じくナンシー・マイヤーズ監督、脚本)にBen という人の役で、ほんのちょっとですが、出ていました。

音楽の雰囲気が『ホリディ』と同じだと思ったら、音楽担当は同じハンス・ジマーでした。こういうのが感じられたときってうれしい。

Comment

今年もよろしくお願いします~

リーサさん、あけましておめでとうございます♪
ベーカリー、良いですよね!メリル・ストリープがチャーミングで
こんな大人を目指したい、って思っちゃいました。
クロワッサンも密かなマイブームなので、なんだか嬉しいシンクロです。
また観なおしたくなりました!

Re: 今年もよろしくお願いします~

nuiさん、
あけましておめでとうございます!
わあ~、シンクロシンクロ♪
nuiさんもご覧になっていたのですね。
映像もきれいで、インテリアも楽しめたのですが、家族を大切にしなくちゃって思える映画でもありました。

クロワッサン、そちらはたくさん美味しいお店がありそうですね。
チョコレートクロワッサン、映画では夜食べてたけれど、朝、食べたいと思っています。
それなのに機会を逃してしまって、今年になってまだ食べてないです。
あ~、食べたい~。

No title

こんにちは♪
私は映画館で観て、先日は録画したかったのですが、
子供に、「お母さん何録ってるの?」とチャンネルを変えた時に
例のシーンだと困るので断念しました^^;
そう・・・いいシーン沢山あるんですよね。
私が印象的だったのは、お友達に会いに行く息子さんに、クレジットカードを貸してあげる時。
それからベッドに兄弟で全員集まっているシーン。
この2つのシーンでは鼻の奥がツーンと・・・。
それからメリルストリープがデッキみたいなところで横たわっているところ・・・
この人綺麗だな~~って。
アレックスボールドウィンにはびっくりしました!!
私、この人とか、ちょっと名前が思い出せないんですけれど、メグライアンとか出ていると
苦手とか、嫌いとかまではいかないんですけれど、大したことないかも?^^;なんて
思っちゃってあまり演技は観たことがないのですが、確か2枚目でしたよねぇ。
でもある意味今の方が俳優さんとしてはいいかなと思いました。
逆にスティーブマーティンはあまり変わらないですよね。
私は長女役の女優さんもとても好きでした。

勿論キッチンもとても美しくて・・・大好きな映画です。
ラブシーン(っていうんですか)は要らないんだけれど、かえってリアリティがでるというか
男の人と女の人、てきれいごとだけじゃないとかいくつになっても恋をするとか・・
うまく言えないけれど、おしゃれなだけじゃない映画に仕上がっているのかも・・
と思いました。
最後にスティーブマーティンが来てくれた時は自分の事のように嬉しかったです^^。

Re: No title

somethinggood さん、
おはようございます。
え~、そちらではテレビでも放送されたのですか!? いいなあ。でも、録画できなくて残念でしたね。やっぱり、まだ、ちょっと子どもたちには観せられませんよね。
映画館で観られたのもうらやましいです。

ベッドに兄弟で全員集まっているシーン、かわいいかったですよね。
姉妹といっしょに弟もいるっていうのが、よけい可愛い感じを出していると思うんですよね。
でも、クレジットカードのシーンは鼻の奥、ツーンってしませんでしたよ~。
え~、お母さん甘過ぎ、私はしないぞ!とか思ってました。^^

メリル・ストリープのデッキシーンって、一人でデッキで眠ってしまって起きたところのシーンですね。わたしもこのときの彼女の表情に、つい、魅了されました。
そうですね、長女役の女優さんも良かったですね。可愛げがあって、でもしっかり長女らしくしていて素敵でした。

アレック・ボールドウィンって、私の中では有名な美形俳優なのに、若くてカッコいいのが売りだったころの演技が思い出せなかったのですよ。それで検索してみたんですが、観たことがある映画『結婚の条件』、『アリス』とかに出ているのに、思い出せない。やっと思い出せたのは「ワーキングガール」と「レッド・オクトーバーを追え!」くらい。そうだ、「レッド・オクトーバーを追え!」といえば、ショーン・コネリーも年とってからの方が好きです。
メグ・ライアンはどの役でもメグ・ライアンって気がするけど、『恋人たちの予感』の彼女がチャーミングで、しばらく彼女が出演する映画が公開されるのを楽しみにしていました。

スティーブ・マーティン、ほんとあまり変わらないですね。
この人の映画も好きで良く観ました。
メリル・ストリープの家で食事をして、Bye といって家を出ていくところの、ちょっとしたユーモラスさが『愛しのロクサーヌ』を思い起こさせました。そうだ、スティーブ・マーティンで思い出しました!『バックマン家の人々』も家庭的で子どもたちと観たいのに観れない映画です。ご覧になったことありますか?『. . . ベーカリー』のようにスタイリッシュじゃないですけど、家族をテーマにしているコメディです。


No title

バックマン家の人々観た事ないです。
ビデオ屋さんで探してみます^^。
一人で観ます。
いとしのロクサーヌとか月が輝く夜にとか今観たらまた若い時と
違った感想なのかなあなんて思って観たくなりました。

ショーンコネリーはあの・・そうだ思い出した、アンタッチャブルで
いい俳優さんなんだなぁ~と思いました。
その後題名は思い出せないけれど、彼が目に涙を敬礼している
シーンが流れる映画のコマーシャルを観て、
表情の素敵さにつられて、観たらそうでもなくて^^;
名優っていうのはほんのワンシーンでも、これ観て見ようかなと
思わせるのが凄い!と思いました。

私もカードは渡さないけれど(勿論^^)
えっと親がそのつもりでも、成長したら、お友達との時間が長くなり、
それは良いことで、でも一緒に過ごせないのは寂しいことで・・
と思い鼻がツーンとしたのでした^^。

私は本当にここもう何年も映画をあまり観ていないのですが
マグノリアの花達とフォーエバーフレンズ(この映画はビーチで知り合った女の人2人のお話だから本当はBeachesというタイトルで、その方がいいのにと今でも思います。)がとっても好きな映画です。

Re: No title

somethinggood さん、
わわわ、すごい、『月の輝く夜に』さっき観てたのですよ!!
コメント書いたあと、何か映画みたくなったんですよ。
テレビで録画したのだから、カットされているところもあるかもしれないけど、また楽しみましたよ~。ベーカリー繋がりでもありますね。
『マグノリアの花たち』のオリンピア・デュカキスも出ていますね。『マグノリアの花たち』はダリル・ハンナとか、駆け出しのころのジュリア・ロバーツなどなど、女優陣が豪華ですよね。いい映画でした。

『フォーエバーフレンズ』は観てません。
先に結末を知ってしまって、観る機会を逃した映画なんです。

『恋するベーカリー』のカードを渡すシーンのこと、
いや~、そうですよね、親としての寂しさですよね。
コメントのお返事では薄っぺらなところを書いてしまいました。
私は自分だったら、あんな素敵に寂しさを笑顔で隠せずに、ムッとするかもしれない、それがだめなんだよね~と、日頃の似たような経験がちらっと頭をよぎって反省したことを思い出しました。でも、カードは渡さないぞってね。

『バックマン家の人々』、somethinggood さんもお好きだといいなあ。
私ももう一度観たくなりました。

映画の話たくさんできて、楽しいです♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する