FC2ブログ

天使のくれた時間

ロマンチックコメディでもあり、でも泣かせるところもある、いい映画だった。
内容を何も知らずに観たのが良かった。
原題が "The Family Man"というのが面白い。

子どもたちには、よく「コップに水が半分しかないって思うより、わ~、半分もある!って思うほうが、絶対いいよね~」って言っていたのに、ついつい、日常生活の喜びを味わい忘れて、家族に文句を言ってしまう私には、何が大切かを思い起こさせてくれる映画だった。

     

ニコラス・ケージって、ちっともハンサムと思えないけど、魅せる人。
『月の輝く夜に』(Moonstruck) の時もそう思った。
相手役のティア・レオーニ、チャーミング。

娘アニー役のマッケンジー・ヴェガの演技がすごくよくて、泣かせるし、笑わせる。
ニコラス・ケージが歌う「LaLa (Means I Love You)」って曲がとっても良かった!
歌いたい、いや、ほんとは誰か、私のために歌って~って感じ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する