FC2ブログ

虫と虫

ひさしぶりに庭の葉っぱを手入れしていたら、手にピリッとした感触。
葉っぱをめくってみると、お~、イラガが並んでいる! 刺されたんだ。
毒が回って意識がなくなる~って感じではなかったので、無視して葉っぱの手入れ続行。
でも手には変なひりひり感。だんだん腫れてもきたので、ティートゥリーオイルを塗る。
ほどなく、腫れも不快感もおさまって、何事もなかったかのような手にもどった。
あっぱれ、ティートゥリー。

自然な庭が好きなので、嫌いな虫は益虫や鳥におまかせ。
自分ではなるべく手を出さないようにしているけれど、
今回はしっかり踏みつぶした! 弱肉強食も自然のうちと開き直る。

それから、ふと昨日見つけたキアゲハの幼虫たちのことを思い出した。
夕方、たくさん見つけてとてもうれしかったのだが、
仕事に戻らなくてはいけなくて子供たちには見せられなかった。
鳥に食べられてないといいなと思いつつ見にいくと、いた、いた。

植えっぱなしのフェンネルは雑草化して無意味に大きくなっていて、
雨風で倒れ込んでいたので、8月ごろにばっさばっさと切りつめたのだが、
その淋しくなったフェンネルに20匹近くもくっついていた!
君たちがんばるねぇ、もう食べるところ全然ないじゃない。

キアゲハの幼虫は4、5年前に大量発生したことがあった。
それ以降、幼虫は姿を見せないが、キアゲハは毎年よく飛んできている。
つまり、どこかのお宅で幼虫の時にお食事を済ませて、
うちに遊びに来ているわけだから、なんだかわるいなぁと思っていた。
でも今回はしっかりうちで食べてくれている。
ただ心配なのは、こんなに貧相なフェンネルで食事は足りるのかということ。

彼らは終齢幼虫なので、もう数日でさなぎになるらしい。
もしかすると明日かもしれない。
ってことは十分食べたってことかな?
さなぎになったら、動けないから食べなくていいんだよね?

まあ、とにかく子供たちが帰ってくるまで、さなぎになるのを待っていてほしい。


イラガにさされて、真っ先に開いたのはやっぱりこの本。
虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
虫といっしょに庭づくり―オーガニック・ガーデン・ハンドブック
イラガのことも、キアゲハのことも載っています。

同じ著者のこの本も、とってもいいです。
雑草擁護派の私の強い見方。
雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック
雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する