FC2ブログ

Guitar Music from Brazil

静かに過ごしたい夜にぴったりの音楽。

1曲目は賑やかに始まるので、今のうちにワインを開けて静かな時間の準備をしておく。
4曲目、『Piante』 はぐーっと斜めに胸にしみ込んで来る。
8曲目、『Manha de Carnaval』 で夜の静けさを味わう。
13曲目、『O Choro de Juliana』リズミカルに楽しい。
16曲目、『Sentimental Melody 』悲しく素敵な曲。
『アルフォンシーナと海』で波多野さんが歌っているのと同じ曲だ。といっても実は今回気づいた。3、4年前に買って以来ちょくちょく聴いていたCD なのに、最後までちゃんと聴いていなかったということになる。

好きで買ったCD でもじっくり聴く時間はあまりなくて、後半あたりから何か別のことをしながら聞き流していることが多い。でもブログの記事を書こうと思うとがんばって時間を作ってそのときばかりは最後までじっと聴く。それで今回のように気づく曲が出てくるわけだ。よかった。

このCDはシアトルで購入した。アメリカの大手CD ショップはどこでもそうなのかはわからないが、シアトルにある大きな CD ショップでは店にあるすべてのCD が1枚、丸ごと全部試聴できた! 店内にいくつか器械があって、そこでCD を開封せずそのまま自由に試聴できた、いつまでも何枚でも。

もしかすると日本でも都会ではそんなシステムなのだろうか?
私の住んでいる街のCDショップにも試聴コーナーはあるが、ほんの一部のCD しか試聴できない。子どもたちが試聴して気に入って買ってあげたことはあるが、ほしいCDはほとんどそこにはないのが残念。

GUITAR MUSIC FROM BRAZIL
  Graham Anthony Devine, Guitar

Comment

いいアルバムですね。
ギターを弾いていた私にとって懐かしい曲が多いです。
弾いた曲もありますし。
「カーニバルの朝(黒いオルフェ)」も「イパネマの娘」もいいですね。
中南米はギター音楽の宝庫なんですよ。
街のCDショップ(TowerRecord)でも話題のCDしか試聴できません。日本は遅れているのですね。
hotmailの方は今日気付きました。遅くなって申し訳ありません。アッコルドーネ、今夜FMで放送されていましたね。

nyankomeさん、コメントありがとうございます!
ギター弾けるのっていいですよね。
ギターの音色好きです。キィときしむ?音も好きなんです。

そうですか、都会でも試聴できないんですね、きっと。

アッコルドーネ、FMであったんですか。残念、知りませんでした。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する